こんにちわ山内みきおです

アクセスカウンタ

zoom RSS 県の公表した3年前の新想定津波(相模トラフ西側モデル)の件。

<<   作成日時 : 2017/06/20 18:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 確かにホームページでは「つい最近」修正されたけど(写真1)、大幅に浸水想定地域が拡がった辻堂地域の要所地での津波避難情報の看板は未だに古いままだ。写真2は辻堂海浜公園北側正面のもの。写真3は鵠沼の鵠南小学校の傍のもの。いずれも慶長型地震の津波想定のまま。こんな情報認識のままで、海抜3m台の津波浸水地域での鵠南小学校再整備の基本構想を作っていいのか? 
 藤沢市議会の一般質問では、住民への新ハザードマップの早期配布と、鵠南小学校保護者とこれから保護者になる方への新津波情報の徹底・津波避難行動の意識調査・学校建設にむけての要望等の基礎調査をすることを求めました。
 市の計画ではマップの配布は3年後とのこと。市の対応を待ってはいられない。私たちは組織をあげて、新しい津波避難マップをつくり、このチラシの配布を始めました。学校建設用地がないと言うが、本当にそうなのか。市民の対案を求め、学区の見直しも含め全庁的な検討をすれば、学校用地はみつかると信ずる。
画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
県の公表した3年前の新想定津波(相模トラフ西側モデル)の件。 こんにちわ山内みきおです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる