12月市議会報告でのご意見です。

12月市議会報告の1回目が終わりました。加藤なを子県議といっしょです。辻堂公民館に17人。二人で20分づつ報告して質疑意見交換を行いました。私は、ほぼ山内ニュース20号に沿って報告。以下のような意見が出ました。私の報告にはない子ども関連の要望がいろいろ話されました。
①私も岩波の7000円のチェルノブイリ報告を図書館で借りて読んだ。藤沢でも未だに土壌の線量が高いところがある。浜砂は引き続き市が再測定するように言うべきだ。
②大阪から藤沢に来て、中学給食ないことと医療費無料でないことに驚いた。自校方式と給食費なしが食育の重要性と「義務教育無償」の考え方から出てくる答えだ。
③藤沢市の給食時間はわずか15分間。大阪は35分。小田原は30分。これを変えるにはカリキュラムの組み換えが必要になり先生の負担が多くなるという問題もある。藤沢市は朝の読書時間10分があるがこれはこれとして評価されている。そうするとあとは部活の時間などへ影響してくる。
④神奈川の中学給食の実施率が特に低い問題。川崎市や横浜などでは自校方式の大運動がおきて、施策が前進してきている。
⑤村岡新駅開発に関連して、武田の研究所の1000人体制を1/3にすることが新聞にでていた。これは大きな影響を与えるのではないか。
⑥村岡新駅などにお金をかけずに、保育園・給食・医療費にお金をまわせることを数字で明らかにしたい。
⑦40%の人が非正規で200万円もない人がたくさんいる。給食無償化は当然。
⑧保育園ができないのは? -場所がないこと、保育士がいないことが大きいと聞いている。計画上は待機児解消としているが、その時になると若い人の流入や共稼ぎなどでの需要が増加することがある。
⑨知事が「未病」を強調するのは何故か? 底流にあるのは「未病産業」の育成。第一生命の跡地の未病企業の育成、川崎市殿町の動物実験施設、ケアロボットなど。
⑩八部プールは400円のところ、60才以上は320円。ジャグジーがあるので体にいいが、未病というなら具体的に高齢者は無料にするとかしてほしい。
⑪横須賀には原発二機を積む空母があり、そのほか原潜もくる。それらの50年間での延べ寄港日数は20年分に相当する。首都圏にこんな危険なことはほかにない。
⑫川の浸水・遊水地対策について
⑬公営住宅建設の見通しについて
⑭特養や高齢者住宅の費用が高いこと

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック