「共産主義ってなに?」

-こういう質問、選挙中も後にも多かったですね。「今でもあなたはマルクスレーニン主義なんですか?」とも。誤解もふくめて、多くの方が共産党の政治・思想に興味をもって接してきています。次は9/30の私のブログの書き込みです。
 「共産党とは何か」の疑問にも応えたい。今の社会の自由と平等原理の社会とは、「商品交換が発展すればするほど、自分の労働の価値あるいは自分の所有物との交換が平等なのかどうか、についての意識がとぎすまされてくること。」―このことを伝えたい。そのことが基にあり、自由権・平等権・財産権・労働権やがては生存権、そして体系的な日本憲法が出来上がったと信ずる。そして日本憲法の徹底する過程で、国民の総意と合意で話し合って、自衛隊の問題・天皇制の問題を議論してゆきましょう。大企業の横暴やアメリカ言いなりの政治も、同じく国民の総意と合意で、ルールを作って改革してゆきましょうと言っています。こうした一歩一歩の民主的な政治経済のルール作りの中で、今の「お金が主人公の政治社会」を「人間が決める政治社会」に変えてゆくというのが「共産党」の名前の原点です。社会主義あるいは共産主義社会というのは自由と平等を徹底してできあがるもので、「資本主義社会を否定した別な社会システム」というのではないことを、どうぞご理解頂きたい。

選挙後のツイート記事4題











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック