藤沢市はJアラートではなく、戦争起こさせない外交努力を国に働きかけるべき。

 藤沢市が国・県の要請に応えて、1/31・11時から「Jアラート一斉再生訓練」のサイレンをならすことに対して、日本共産党藤沢市議会議員団は以下の見解を発表しました。

「藤沢市は「Jアラート一斉再生訓練」で市民の恐怖心や不安をあおるのではなく、国・県に対し戦争を起こさせないための外交努力を尽くすよう働きかけるべきです。」

 なお、2月予算議会・定例会の日程を記した市議会報告No.262号は市議団のホームぺージ
http://www.ne.jp/asahi/jcp/fujisawa/rireki/262.pdf
をご覧ください。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

JCPは被抑圧民族イジメをやめよ!
2018年01月25日 10:32
「戦争起こさせない外交努力」って言っても
JCPの皆様は「もっと制裁を!」と煽ってきた
のじゃないの?

この記事へのトラックバック

  • Jアラート訓練は防災ではなく「招災」

    Excerpt: (→オリジナルサイトの記事へ) Jアラート訓練の準備に不参加を伝える次の文書を、今日明日中に地域のコミセンに届けました。(関連情報 日刊ゲンダイ記事.右の写真も) ----------- x.. Weblog: ペガサス・ミラー racked: 2018-05-16 22:41