月曜朝の定例宣伝、配布チラシです。

今日21日の夕刊にも、「働き方法案 修正合意 23日にも採決の構え 自・公・維・希」 との記事が1面です。やはり、19日の集会で訴えられていた通りの展開です。これまで三度も廃案になってきた残業代ゼロ法案。どんな修正しようが悪法を繕えるものではない。本来、資本主義社会そのものは交換法則-賃労働の等価交換原理に根ざして、自由と平等の労働規制として発展してきた筈のものでしょう。こうした社会構造の土台を破壊することになれば、ひいては明治時代、いや封建時代の人格的また家父長的な労働評価に戻ることになるのではないか。教育における道徳と愛国心の押し付けと一体となった古き時代の化石のようなものではないか。今日は、これから藤沢の悪名高き育鵬社の公民教科書をチェックしたい。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック