こんにちわ山内みきおです

アクセスカウンタ

zoom RSS 片瀬西浜と東浜の「酒酔い」救急車出動件数、三度の分析結果です

<<   作成日時 : 2018/10/01 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

家族連れも、子どもも若者も、だれもが安心して楽しめる海水浴場を求めて、3年に渡って統計をとり続けています。データの出所は、神奈川県が毎年発表する海水浴場利用者数統計と、藤沢市の南消防署による救急車出動報告書から「酒酔い」等をキーワードに地域別に毎年調査して頂いた数です。これによると、
@東浜より西浜が高い状態が続いています。特に平成28年は西浜の方が東浜地域より統計的に有意に高かった。
A東浜も西浜も毎年救急車出動件数が増えており、平成28年に比べると、東浜も西浜も有意に出動件数が増えた。
 この調査を始めるきっかけになったのは、3年前に西浜で海の家を営業する方から、「西浜の海の家は夜8時まで営業している所が多く、5時で営業終了する東浜の海の家と違って、酒酔いが多く、救急車で運ばれる人が多い」という口コミによるものでした。なんとか、このことを検証することはできないかとの思いで、消防の人に訊いたら、報告書があるとのことで、なんとか検索キーワードを使って調べて頂くようになりました。
 3年続けてきた感想としては、市も、神奈川県も、海水浴場組合さんも、本当に動きが鈍いとしか思えないことです。
 「安全・安心」をうたって行政をやるのならば、少なくとも、この数値を検証し、消防の報告が納得いかないのならばそれも検証し、きちんと報告する義務があるかと思うのです。もう一つ付け加えると、この統計分析に対して、「海の家での酒酔いがわかるケースは少なかった」というものです。しかし、西浜は西浜です。134号線の北側とは区別されているとのことです。もしそういう反論があるなら、可能な限り正確に、地図上でプロットすることが必要な位の大きな課題です。これができるのかどうか。消防の役割が求められる問題だと思います。
 因みに、この消防署の救急報告書の活用は、今の所、このような手作業に近い方法で抜き出して頂いていますが、本来ならば、きちんと統計的な活用をはかることができる貴重なデータだと思います。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
片瀬西浜と東浜の「酒酔い」救急車出動件数、三度の分析結果です こんにちわ山内みきおです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる