こんにちわ山内みきおです

アクセスカウンタ

zoom RSS 地方選挙演説原稿その1

<<   作成日時 : 2018/12/31 08:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさん、こんにちわ。日本共産党市会議員の山内みきおです。冒頭ですが、私は「共産党こそ、自主独立で自由な党」だと自信をもっています。なぜでしょうか? 共産党は企業献金も国の政党助成金もこれまで決して受け取らないブレない政党だからです。だからこそ企業のいいなりにならず、アメリカのいいなりにもならずいいたいことが言える政党だということを訴えたいと思います。

第二に、国政についてです。上から読んでも下から読んでもウソアベアソウの政治ではありませんか。しかし、決してあきらめないことです。市民と野党共闘が沖縄でも国会でも発展してきています。
 来年は、憲法改悪と消費税増税が準備されています。社会保障の切り捨てなど、あまりにも酷い政治です。
 日本共産党は、消費税を上げなくても、税収の取り方を変えれば、2%の増税分の5兆円の財源はあることを訴えています。大企業の税率は10%で、中小企業の18%より低いという事実があります。これを引き上げれば4兆円。そして株式の譲渡所得税を引き上げれば1.2兆円。わずかこれだけで増税分はたりるわけです。

第三に、市政政策についてです。藤沢市でも、アベ政治の悪政の下で、大型開発と公共施設の合築複合化とか再編が進んでいます。私たち共産党は大企業本位のやり方に対して、住民のくらしと福祉・地域経済・中小企業にお金をまわします。
 例えば村岡新駅の開発が新聞報道され急浮上してきました。新駅だけで160億円、総額400億円もかかります。藤沢市の負担も大変な額になります。藤沢市は今財政難だとして、社会保障を切り捨てています。敬老祝金や百歳以上の医療費無料化廃止の方向です。
 私たち共産党は、こうした大企業本位の市政に対して、市民の要望を実現することに集中して取り組んできました。@国民健康保険料を4400円引下げすることができました Aエアコンは6月までに全校で設置されます B中学生の医療費無料化は4月1日より実施されます またC月6万円の給付型奨学金制度も実現できました D学生のための本庁舎の市民会議室も開放されることになりました。こうした市民のための施策こそが大切です。これからも市民要望の実現のために頑張ります。

 こんにちわ。日本共産党市会議員の山内みきおです。市政の中で、私がやりたい事は、
なによりも、大型開発や公共施設づくりは、市民への情報公開を徹底し、住民合意のやり方に変えることです。
 この地域は津波洪水地帯でもあります。子どもも増えて、学校も保育園も児童クラブも足りません。たくさんの施設建設が必要です。なによりも住民参加を求めていきます。

 そして施策の中身では、保育園をふやし、特別養護老人ホームをふやします。福祉にお金をまわし、格差社会をなくします。自然エネルギー事業や乗合バスなど地域交通網をつくります。中小企業や商店会への助成などの経済対策が必要です。

 藤沢市は自主財源比率は全国で28番目で豊かな財源があります。地域の街づくりを、これまで行政と業者が中心だったものを、住民主体のものに変えていきます。
それは政治をかえればできます。
市民ひとり一人・あなたが市政の主人公であることを訴えまして、私・山内みきおの決意といたします。ご清聴ありがとうございました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地方選挙演説原稿その1 こんにちわ山内みきおです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる