「藤沢市商工会・商連・湘南産業振興財団の新春経済講演会について」その②

藤沢市商工会・商連・湘南産業振興財団の新春経済講演会について」について

昨日の記事の続きです。講演会のチラシを入手しました。主催は商工会議所青年部が中心で、市の担当課との調整などはなかったとのことです。市の説明では、「日本の中小企業が中国と関わった時に注意すること」とのことでしたが、冒頭お誘い文章は、「日本が日本であるために、中国の脅威とどう向き合うか」ですからね。こんな偏った立場からではなく、正確に中国の歴史と今の位置を学び、かつての歴史を繰り返すことなく日中友好の運動を拡げることが大事なはずです。そのための私たちの試みと講演会・映画会などを拡げたいと思っています。最近は大西広慶応大学経済学部教授の講演会も行いました。詳しくは下記のHPから右の「投稿・近況・その他」から大西講演の録音を聴くことができます。ぜひお聴き下さい。
http://nicchushounan.sakura.ne.jp
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック