フィリピンの少数民族問題を調べるとGMO(遺伝子組換え作物)が出て来た

フィリピンの少数民族・ティボリ民族支援の活動に取り組むMさん」について

昨日の上記のブログに出て来たフィリピンのバランゴンバナナの生産者の話が気になり、「遺伝子組換え作物の危険性」で検索すると、以下が出てきます。国政上の問題だが、市民の健康を守るためにもこれは放置できない。タケダの研究所の問題もそうだが、創薬でも農業でも、今後の人類存亡に関わるような大問題。しかしその健康影響についての包括的な本は私は読んでいない。しかし、市として何ができるのか、質さないわけにはいかない。市民運動としては、すでに消費者運動として、知識をもった方は大勢いるはずだし、みなさんのこれまでの到達点も踏まえて質したいと思っています。みなさんの情報お寄せ頂ければさいわいです。がんばります。

http://altertrade.jp/archives/11222
http://altertrade.jp/alternatives/gmo/gmoreasons
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/other/review_meeting_010/pdf/review_meeting_010_180419_0002.pdf

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック