NTTグループ唯一の総合不動産会社・NTT都市開発の不動産開発にメスを

 これまで最近の私のブログ:https://m-yamauchi.at.webry.info/201907/article_9.html
のテーマで開発、環境、郷土などで扱ってきたNTT都市開発の不動産開発は、藤沢だけではないのではないか。かつては電々公社として国有企業が民営化したNTTグルーブです。944社・総資産21兆円です。もとはと言えば国民の資産。その不動産には、藤沢のように、昔松林であり公道としての赤道が存在し、地域と牧歌的に共存してきた資産・施設が今でもたくさん残っていると思われます。それが今になって宅地開発として乱開発され、NTTグループの利益になろうとしています。
 国会で調べて追及してほしい。全国で旧電々公社が持っていた不動産が何件・総面積何坪あったのか、それが民営化しNTT東日本などに移転登記され、更にNTT都市開発に移転登記されたものがどの位なのか、さらにまた藤沢のように宅地開発等で転売されたのがどの位なのか。国民の財産が企業利益に化けていいのか? さらに公道である赤道の勝手な付け替えで企業利益の最大化を図るようなことが日本全国でどの位行われているのか?  藤沢の特定開発事業条例では、赤道の勝手な付け替えに市長からは文句が言えない条例と都市計画法になっているとの答弁でした。
 新聞社の出番です。ぜひメスを入れて国会で追及すべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント