8/19辻堂東海岸のNTT社宅跡地の開発から西側歩道と松を守る住民の会(仮称)準備会へのお誘い

 8/16、NTT開発問題。住民8人と市側担当職員5人と質疑を交わしました。
 当方としては、当該の協議書の要となる西側道路の設置をはじめ、東南側にあった300㎡の公園も市に寄付する中身となっていることの有効性を質した。これらは今でも工事完了届けがあれば、それ以前に市に帰属するものとなっていたからです。
 市の考えは、
①更地になった時点で昔の協議書は「無効」*、
②旧NTTが工事完了届を出さず、土地移転登記をしなかった責任はあるが、今の事業者にその責任までは問えない。
 このままでは、通学路問題での工事の変更を待てばすぐにも開発許可→工事の可能性大です。
*「無効」というのは、未だにNTT側から工事完了届けが出ずそのままの状態になっているからとのこと。
-それにしても、今回は公文書の保存と管理、確認作業が真っ先に重要なことがみにしみました。
開発業者と藤沢市と住民の意見の違い20190816.jpg
Image20190819.jpg

この記事へのコメント