台風19号のつめ跡。

神奈川県の辻堂海浜公園のカメのいる池から流れる放水路があります。台風がくるといつも砂で埋まり、辻堂のアメダスのある気象観測所の前でゲートが閉じられるようになっています。今日も見にいってきましたが、高さ約1m位砂で埋まり、水が流れない状態でした(写真⑤と⑥)。川の河口もそうでしょうが、こういうところの維持管理はたいへんです。
 もう一つは①~④の辻堂海岸の遊歩道。またもや砂で埋まってしまった。ましてやその南側の浜防風の植栽していたところは壊滅状態。辻堂団地側のいつも手入れをされている所にわずかに残っています(写真3番目)。
 帰りに久しぶりに藤沢漁協の湘南はまぐり(5ケ1500円冷凍)を買ってきた。