片瀬山5丁目の土地開発説明会に出席

568m2の高台の土地に4軒の開発説明会に21人の参加。
写真説明①西の谷間からみた片瀬山5丁目の当該土地-樹木と岩からしみ出る水 ②上からみたこの土地-リスが鳴いていた ③概要図 ④開発用の土地利用計画平面図-等高線は1m毎にひかれている
質疑は以下の通り。
・本地区の西の谷間は土砂災害警戒区域だが、今年度さらにその中での急傾斜地危険個所を県が今調査中とのこと。その結果が出てから開発にあたるべきではないか。
・本地区は動植物の豊富な所で、リス・フクロウ・タヌキ、春には桜が咲く・椎の木など保存してほしい。
・片瀬山5丁目町内では50坪以上の建築協定が普及している。たまたまこの地は協定に参加していないが、幅広い協定であることを考慮してほしい。
・北側の我が家はまともに日照が遮られる。盛土の安全性の問題もある。
・南西側の斜面だけはコンクリート擁壁ではなく、樹木伐採後ただの芝張りのみで危険ではないか。
今後どうすればいいかについての意見も出ました。
・区画を4区画から3区画、さらには2区画にする。
・傾斜地の樹木部分は残して市に管理して貰う。-これについては開発者も市もA「岩盤上の樹木なので根付きが弱く倒れたりする危険があり安全上切らざるを得ない」との答え。
結論
・「今日の話を地主さんにも伝え、次回を年明けあるいは年内になるか、調整して町内会長さんに連絡する」。「計画変更ならもう一度やりなおすことになる」との答えでした。

コメント Aの答弁が気になる。ここの桜の木のある地の岩盤上の地質はどうなのかは大きな問題だ。2m下は岩盤、さらに1m下はさらに強固な岩盤とのことでした。こうした地質上の樹木の根付きは、岩盤がない場合と比べて本当に弱いのかどうか。専門家の意見を聴きたい。もし問題がないのであれば、市が傾斜地の樹木部分の大部分を残して管理し、この地域の他の急傾斜地で行っている土留めなどをすればいいのではないかと思う。と思って今日近くの家でみかけたチラシを読むとその解決案がすでに書かれていた。これですね。

s-IMG_1088.jpg
s-IMG_1096.jpg
20191130_ページ_1.jpg
20191130_ページ_3.jpg
s-Img_1090[1].jpg

アベを最期にしなければ。毎日じぶんのできることをしなければ。





今日11/29は藤沢市のサンパール等の広場条例づくりに関する準備状況の報告がありました。

Aさんより、「広場条例は、海老名市の海老名駅自由通路設置条例似る、その海老名の街角の表現の自由裁判で、2017年3月、(著しく交通の妨げにならない限り、許可申請の必要はない、表現は制限を受けない)こととされ、翌年、その判決に沿うように海老名市は条例を再改定したこと」を、教えられました。海老名の元条例と改定された条例、そして藤沢の準備されている広場条例を照らし合わせてみる必要があります。
エリマネ報告20191129_ページ_1.jpg
エリマネ報告20191129_ページ_2.jpg
エリマネ報告20191129_ページ_3.jpg
エリマネ報告20191129_ページ_4.jpg
エリマネ報告20191129_ページ_5.jpg

明日2019.11/29 9時半より 都心部再生特別委員会です。藤沢発

取り急ぎ、情報公開まで。
下記よりリンクファイルをご覧下さい。
http://fujisawagikai.sakura.ne.jp/
特に、サンパール広場などのエリアマネージメント計画については、以下です。広場条例の骨子と指定管理者制度の導入の概要がはじめてだされました。今まで通り政治的表現の自由が確保されるのかどうかが問われる重要な中身になります。急なお知らせになりましたが、ぜひ明日の委員会の傍聴をお願い致します。
http://fujisawagikai.sakura.ne.jp/51039720191129j0501.pdf
都心部再生特別委員会20191129.jpg

亡くなった木内みどりさんも、明日の高地知事選に期待していたでしょう。



F35ステルス、イージスアショア、オスプレイ購入資料です





ころころ変わるウソ。検察が動かない#東京地検 #内閣人事局 #安倍辞めろ





藤沢市議会、本日11/19、9時半~災害対策特別委員会です。

藤沢市議会議員用ファイル更新しました。以下の資料になります。
http://fujisawagikai.sakura.ne.jp/201912gikai/201912gikai.htm
本日11/19、9時半~災害対策特別委員会。
11/22、9時半~行革特別委員会です。
→傍聴は時間前に、本庁舎9階議会事務局で申し込みます。

追 災対委員会終わりました。
台風15、19号を受けて、避難者が多かったことから避難所での多くの課題が指摘されました。市議会のホームページの動画も参考になるかとおもいます。掲載されるのは11/22頃以降だと思います。災対委員会での私の質疑は以下です。みなさまから頂いたさまざまのご意見ありがとうございました。https://drive.google.com/open?id=19nC8hvYXWAZSRaxhWbZeL2uFKmMtlZHt

村岡新駅より中学校給食自校方式の実現を

11月も下旬になり山も紅葉で色づいてきました。今日11/18の朝の定例宣伝では、写真の海老名市でもまた横浜でも要望の高い中学校給食・自校方式のことを訴えたいと思い、藤沢市の1年前の市民要求アンケート結果も使いながら準備をしました。-遅くなりました。海老名の松本さん、佐々木さん、おめでとうございます。
 3枚目と4枚目の藤沢市民を対象にした市民要求アンケートでは、全年齢層でみると、要望は強いものから順に、国保料下げて、ごみ袋半額に、公共料金、生活道路、シルバーパス制度、中学校給食、特養ですが、40代以下の層では、ごみ袋、国保、中学校給食、保育所、通学路安全、駐輪場などとなっていて、特に若い人の中学校給食自校方式の要望には強いものがあります。来年2月の市長選挙の争点にもなってきます。中学校給食のテーマに関心のある同志を求めます。資料を持ち寄り深めましょう。
・村岡新駅より中学校給食自校方式の実現を
・村岡新駅より認可保育園ふやせ
・村岡新駅より国保料下げて
Img_1052[1].jpg
20191117162429.jpg
藤沢市民要求201806_1.jpg
藤沢市民要求201806_2.jpg

真鶴のケーキ屋さんも閉店の張り紙

真鶴へ年に一度の墓参り。楽しみにしていた帰り道でのケーキ屋さんも閉店の張り紙にがっくり。こりゃどうみても消費税の影響だろうと思いたくなる。ここのシュークリームおいしかったんですよ。熱海の有名店のようで、これからは熱海や湯河原店と冷凍便のネット販売に力を入れているようです。しかし、地域のパン屋さんの一つが商店街から消えシャッター店になるのは地域の人にとっても寂しいでしょうね。
真鶴のケーキ屋さんも閉店20191117.jpg
日本の経済成長率は消費税が壊した.jpg

「中学校給食における喫食率が低い学校では15.8%は低すぎだ」-議会報告会開催

今日11/16は、近所の市民の家でのささやかな議会報告会を行いました。7名の集まりでしたがいろいろ詳しい話ができました。9月議会の一般質問で使用したスライドを使って30分お話ししてから懇談しました。
①やはり、近くのNTT社宅跡地の開発の今後についての懸念の声が出ました。「せっかくNTT側が市に寄付するというのに、維持管理する担当課が決まらないのはおかしい。このままでは拒否していることに等しいのではないか。」「このままではこの西側緑地はNTTの所有のままで、開発が始まりかねないのではないか。」
②辻堂周辺の道路の渋滞解消策としての道路づくりの進捗は?
・スマートタウンからモールフィル・ソニーの間の道路につなぐ高架橋計画はソニー側との土地交渉が進んでいないとのこと。
・また藤沢厚木線計画は線路南側は手つかず。市のホームページには、「今後、県道44号(伊勢原藤沢)以南の辻堂工区が未整備区間であるため、この区間の整備が課題となっております。」となっています。
③辻堂における公共交通については、
・課題となっている交通不便地帯であるこの地におけるコミュニティバスの検討を辻堂街づくり会議で始めるよう働きかけること。 
・「なぎさ荘の利用促進とスマイルバスの活用のことをはじめて知った。さっそくなぎさ荘で登録してバス利用券を貰いたい」 
・「東海岸には老人会はないがお茶のみ会はある。先ずそうした会合で市のコミュニティバス或いは乗合バス制度の話をしてみたい」-これは私の発言でした。
④中学校給食における喫食率が話題になり、低い学校では15.8%であることが驚かれた。そしてこの数字はほぼ給食料が無料である生徒の数であることが問題であることで一致できた。「これでは給食とはいえない。」「教職員の側がまっさきに認識をかえなければならない」など、元先生のコメントでした。
⑤村岡新駅計画のこと。計画図のスライドをみながら、ここが元タケダの研究所、ここが鎌倉市役所の新計画地、そして柏尾川の浸水想定図など、無駄な計画であることがいろいろ話された。
⑥人件費のこと。保育の無償化にあたっての職員の多忙さのこと。非正規職員の増加の現状の話など、財政の話もいろいろ交わされました。

 次回の議会報告会は、11/26火曜日14-16時、鵠沼公民館2階第3談話室で、加藤なを子前県会議員といっしょです。ぜひお誘いあわせてご参加ください。なお、12月議会での私の一般質問はおそらく12/16の午後になるかと思います。
Img_1028[1].jpg
20191111154409.jpg

本日、11/16の2時より、地元の辻堂東海岸市民の家ホールにて、議会報告会を開きます。

9月議会報告で自分が扱った問題が中心になります。今回の一般質問では湘洋中学でも開始された業者弁当方式での給食のことと、中学給食辻堂の街づくりをテーマにしましたので、身近なNTT社宅跡地の問題、辻堂の南北道路の渋滞問題など、日ごろのご意見・ご要望をお持ちいただければ幸いです。どんな問題でも結構です。いろいろなご意見を伺いたいと思います。

20191111154428.jpg
東海岸市民の家.jpg

「私が市長だったら」-議員と話そう第5回は11/30に開かれます

ぜひお申込み下さい。
◇1/30 午前 と 午後 の2回
◇藤沢市役所本庁舎9階
 
 来年2月は4年に1回の市長選挙です。市議会広報公聴委員会では、今年のテーマとしては、「私が市長大作戦」としました。また若い人の政治参加を高めるために、今年から中学生からも参加できます。保育が必要な方は事前に連絡して頂ければOKです。藤沢では若い方の低投票率が課題になっている折から、政治を他人事とはせずに、自分事として、自分の要望実現の機会としてぜひご意見を主張し、議員と共に話し、政治解決をはかりましょう。
 あなたのご参加とご意見主張を期待します。
20191114181216.jpg

桜を見る会 これで最期だ 記録しておきたい



野党追及合同ヒアリング動画
https://www.youtube.com/watch?v=239dtFFXDJo
①公職選挙法違反
②政治資金規正法違反
③首相の虚偽答弁

11/9のしんぶん赤旗
Img_1027[1].jpg

#共産党は私だ

税金を私物化する「桜を見る会」の首相責任。今度こそ最期だ。

辻堂文化9条の会の月例の辻堂南口駅頭宣伝。6人参加でにぎやかにやりました。憲法審査会が始まったこと、また朝から民放各社でも報道された桜を見る会の酷い話などもあり、署名する人、声掛けする人など活気がありました。ほんとは毎日続けたいですね。野党は共闘を訴えました。
s-Img_0997[1].jpg
Image1.jpg
s-IMG_0965.jpg
s-IMG_0966.jpg

アベ政治を最期にしよう。税金の私物化、極まれり。

公職選挙法違反で2人の大臣が辞めたが、アベ首相の方は私費ではなく公費で後援会員に振舞うんだから酷いの一言。退陣させるしかない。



環境フェアの日です。はまぼうふうの保護活動にとりくむみちくさクラブのブースにもお立ち寄りください。

本日11/9、10時から15時までふじさわ環境フェア始まっています。私もみちくさクラブで第二展示ホールにいます。ほかにも第一展示ホールでエコネットさんが地球温暖化の訴えをしています。みちくさクラブの今年のテーマも「辻堂海岸の危機」というもので、毎年のような台風による被害で辻堂海岸の海浜植物も浜も遊歩道もたいへんなことになっています。午後また行って、今度は次世代自動車と地産地消食材をみてきたい。 
 ぜひはまぼうふうの保護活動にとりくむみちくさクラブのブースにもお立ち寄りください。はまぼうふうの種をお分けしています。
Image1.jpg
Image2.jpg
s-Img_0940[1].jpg
s-Img_0906[1].jpg
s-Img_0911[1].jpg

兵庫県加古川市の防犯見守り制度の視察報告です

総務常任委員会の視察3日目。今日は兵庫県加古川市。市は人口27万、138平方キロ。大阪まで50分、神戸・姫路のベッドタウンという面もある。人口減は5年後26万、15年後に25万と、減少予測。都市圏として藤沢と条件変わらぬが宅地の坪単価は25万と1/3。
 視察目的は、2017年から2年間で、1500台を設置した見守りカメラと兵庫県加古川市サービスの実施状況のこと。
 導入のきっかけは、市の刑法犯認知件数が高かったことで、児童保護者のニーズが高く、児童殺害が続いたこと。市長が方針を発表し、市民アンケートでは98%が事業に賛成したという。
 2017-18の2年で、1500台の設置をし、その後の犯罪件数は前の半分くらいに減り県内平均より下回った。
 一方、毎月200から400円で契約する見守りサービス用タグ(2〜4センチ位の位置情報発信器)利用者数は小学生で1050人、認知症などの高齢者50人と少ないことが課題となっている。
事業費初期投資5億円、毎年の維持管理費6千万円が、他のシステムと比べてどうなのかまだ実証実験段階かもしれない。機能としては有効だが、監視社会の懸念に対しては、条例化で説明責任をはかったという。今後複数の提案がされ、より良いものを作りたいとのことでした。
Img_0889[1].jpg
20191108230057_ページ_1.jpg
20191108230057_ページ_2.jpg

箕面市の人事給与評価制度についてのコメント

総務常任委員会の視察2日目。今日は大阪箕面市の視察。箕面市は人口14万、48平方キロ。藤沢と同じようなベッドタウン。

 視察目的は人事給与改革。このコンセプトは上位の役職階級との給与の逆転現象を正すというもので、前からの年功序列を廃止した。成立はもともとは市長の政治公約であり、庁内の人事給与改革プロジェクトにより推進。実行にあたり、全職員アンケートで6割の支持のほか、職員組合との30回以上の交渉、議会での条例提案など、市長の強い姿勢が貫かれたとのこと。

 この中身は勤務評価制度に基づくもの。昇給する人もいるが、なかには10万円も減給する人も出たー経過措置ありー。勤務評価は、IからVまで。Ⅰ5% Ⅱ20%  Ⅲ60%

Ⅳ10%  Ⅴ5% のランク区別を所属長の調整会議できっちり決定し、断行されている。2年連続Ⅰの人は昇格リストに入り、2年連続Ⅴの人は降格リスト入りになるとの厳しいもの。

 競争を煽る制度で、問題があります。現に先行してこうした制度を実施した寝屋川市は市長交代で、廃止されたとの意見もありました。


 私は、職員人件費問題に手をつけるなら、外部委託される問題とか、専門職の位置付けと増員の方が先ではないかとの立場からの質疑にとどめました。因みに、箕面市では、戸籍窓口のほか、国保、年金、保育など、すでに外部委託化が進んでいるという。

 藤沢市でも国保、年金の外部委託化が行革対象にあげられています。


Img_0882[1].jpg
20191108231838_ページ_1.jpg
20191108231838_ページ_2.jpg
20191108231838_ページ_3.jpg
20191108231838_ページ_4.jpg

港区情報化計画の視察報告

総務常任委員会の視察1日目。港区のICTの視察。港区は人口25万、20平方キロ。所得1位、地価坪500万円の都会。昼間人口94万。
 昨年見直した情報計画では、誰もがどこでもいつでも安心してICTを活用できる自治体最先端の区にすることを決めた。
 この実践として、AIによる文字認識やRPAーロボッティクス・プロセス・オートメーションー技術を使って、1.保育園入園マッチング 2.コミュニティバス乗車券発行受付など9事業で、効率化をはかったとのこと。1では職員15人が1週間かかった判定業務を数分で完了。年間250時間の削減。入園内定が1週間早くなった。2では年間900時間を削減した。
 因みに、RPAとは、パソコンでの入力転記業務をソフトウェアで代行するもので、オフィスソフトのマクロ機能の延長した感じのようです。
 全国的に技術者不足のようです。

20191108234412.jpg

いま、五感で中国を感じる時

中国? と思う方、多いのはいかがしたものでしょうか? いま、文化でも経済でも政治でも、もっともホットでこの目で、耳で、舌で、そうです五感で中国を感じる時ではないでしょうか。私たち草の根の日中友好のとりくみから、ぜひあなたも、中国を感じて下さい。
日中友好協会→http://nicchushounan.sakura.ne.jp/index.htm 
中国百科検定→http://nicchushounan.sakura.ne.jp/oshirase/tenji20191107.jpg
井手 啓二 教授講演会動画→http://jcfa-kngw.main.jp/event_files/18OCT2019.html
20191102210229_ページ_1.jpg
20191102210229_ページ_2.jpg

台風19号が「非常災害」指定及び「激甚災害」指定に。11/1から施行

台風19号、大規模災害復興法の①「非常災害」指定、および激甚災害法の②「激甚災害」指定に。丸森町・いわき市・嬬恋村・相模原市・南箕輪村・東御市の6市町村が対象。
①では、道路の復旧工事を国が代行
②では、自治体が実施する公共土木工事の国の補助率が1~2割増額。中小企業の保険料率を引き下げる
 -などの施策が実施されます。
20191101232101.jpg

「パートで働く人の勤務関連経費はフルタイムの人より収入対比で低い」というのは本当か?

税額を算出する時に先ず計算するのが所得金額。収入額により公平に控除額が算出されていたと思ったら、大間違い。これは算出式から収入ごとにグラフにしてはじめてわかります。このことを問題にしたのは、私は山本さんがはじめてではないかと思います。給与収入が162万円までの人の所得額の伸びの方が、それ以上の人より高い。
 財務省の説明は、「実際の給与所得者の勤務関連経費、、を鑑み、近年一定の収入以上の方については上限を引き下げてきた」としています。・・・どうもパートで働く人の勤務関連経費はフルタイムの人より収入対比で低いとの調査結果などを基にしているようなので、これは詳しく資料を求めたいですね。