コロナ感染症の疫学⑳医療崩壊-入退院の統計は?

 世界では4日前より感染者数で+6.4%で3257520人、死亡数で+13.0%で233405人。日本は感染者数で+6.4%で14993人、死亡数で+22.3%で445人。地元藤沢市の感染者は27日から変わらず54人です。
 院内感染が全例の1割だという。市民病院のサイトをみると、市民にマスク等の寄贈をよびかけている。いのちを守る、医療機関を守るのは最優先だ。
 今日5/2の朝日の新感染者数のグラフはとてもここには紹介できない。3月に急増した感染者が4月初旬をすぎてからどんどん減って今はゼロになっているようにみえるグラフを使っている。よくみると、4月14日以降は「今後新たに報告され増える可能性あり」との注意書きがある。事実は5/1の新感染者数は+261人。専門家会議が、ほんとにこのグラフを使って説明したのかどうか? そして、この記事のすぐ左側には、大阪府が「休業要請解除の意向」の見出し。
 ただ、厚労省の5/1の統計-図③では、上記の新感染者261人のうち、新たな入院患者132人。また退院者は230人とのことだ。現在入院中11710人、退院者計4862、死亡数は471人だ。
 下記の図表の統計を公表している大学では、5/1時点での退院回復者数は105万人。しかし世界では新患が一日+8万人、回復者は4~6万人としている。アメリカでも4/30にはじめて回復者数が新患を上回ったという。藤沢市では退院者はどうなのか。聞いてみたい。5/8は、9時半から災害対策特別委員会で、感染症のこと、市民のくらしと営業のこと、教育のことなど幅広い質疑が交わされる予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント