コロナ対策-神奈川県が新たに協力金を追加しました。

 加藤なを子さんからの情報です。
「県は5月末までの緊急事態延長に伴い、新たな協力金10万円を要請対象外の事業主も対象として支給するとしました。支給条件は延長期間の8割(20日間)の休業としました。支給総額は120億円を見込んでいる、国の交付金(財政支援)がなくても、財政調整基金を取り崩して対応するとしています。この新たな追加の協力金は自主的に休業した事業主さんから強く要望されていたことで県議団も要望していました。商店街の方々や市民の声が届いたうれしい結果です。」



 今日は商店の方から実情を伺いました。
①「持続化給付金ですね。申請しましたよ。協力金の方もできました。」というのは、若い個人事業者さん。
②「いやあ減収は5割以上です。6~7割かもしれません。どうするかみんなで相談しています。」とは、父と一緒に有機食品店を経営する若い人。
③「うちは3割~4割減ですね。5割超えたらダメですね。実際には3~4割減というところが多いんじゃないの。1割でも減ったら補償するようでなければ困るよ。飲み屋さんも資金がなくてつぶれました。」 「税務署はデパートの研究視察費は認めても、小さな酒屋の蔵元への視察交通費は認めない。ゴルフの交際費は認めても、つりの交際費は認めないのもおかしいだろ。 夜の食事代があるだけで視察費として認めないんだ。」などなど、酒屋さんは不満を語ります。
持続化給付金民商チラシ.jpg
文書名 _020501kyoryokukin-annai.jpg
文書名 _kyou-ryoku-kin-pamphlet.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント