コロナ感染症の疫学65 第1波、2波、3波のグラフ

第3波の今日11/21の感染者数が2586人ということで、今後の推計、このままだといったいどこまで増えるのかが課題だ。毎日前日比3%増ということなのでひと月後は5000人と書いた。専門家の場合は、こんな統計的推計だけでなく、国の対策との関係で、リアルにみて貰いたい。第1波、第2波、第3波の途中までを図にしました。第1波は検査が少なく、症状ある高齢者中心の感染でした。第2波では、第1波より検査が増え、若い人・軽症者が増えたともいえる。感染者数のピークは第1波の2倍だ。
 第3波では、若い人だけでなく全年齢に拡がり、高齢者の重症例も増えた。感染者数はすでに第1波の4倍近い。また第2波とも異なり、
①小火が消えない毎日数百人の新感染者がくすぶるなかで10月下旬頃から急増してきた。
②gotoトラベル、東京も開始との関係が強く指摘されている。また、第2波はまがりなりにも経済対策の下での自粛対策だったが、第3波は、
③その支援給付もなくなり、専らの自粛頼みになってきている。
 もう一つの分析は、開始からピークまでと、収束までの期間。
第1波 1か月半、3カ月
第2波 2か月半、4カ月
第3波 開始からまだ2か月でピークは続く、???いつまで続くのか。いまのところ毎日前日比3%増なので、ひと月後には倍以上の勢いだ。
第1波では強力な外出規制で短縮できた
第2波では経済対策
第3波は自粛のみ、gotoトラベルで助長した。
 児玉教授も言っていました。「withコロナでは医療介護福祉教育施設はもたない。」 
 日本共産党は「検査、保護、追跡の徹底」を主張しています。これがもっとも経済的な対策です。
第1波.jpg
第2波.jpg
第3波.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント