コロナ後の社会を考える動画です。シェアします。

 金子勝が吼え、飯田哲也が冷静に解説する「言いたい放題」エネルギー革命編の後半。
規制改革・既得権益打破を唱えるなら、まず電力改革から!
市民が出資し市民が支える再エネ発電は、3.11以降に全国に広がり、黙っていますがじわじわと大きくなってきました。北海道グリーンファンドは次々と風車を設置し、今や優良企業となり、半ば本気で北海道電力を買おうかというほどになりました。
遠いところで作られる電力、大規模な発電施設は消費者の目にも触れず、大事だけれど縁遠いものでした。しかし、地産地消の再エネ発電は、市民が身近にエネルギーを生み出し、それが地域の産業を育て、全国に分散型のやさしい社会を作る経済的な基盤にもなります。
あなたの地域でも、川のせせらぎ、農業用水等の小水力にはじまり、太陽光も風力も数え上げればたくさんの再生可能エネルギーがあります。そしてそこで発電することが、地域に仕事を作り産業を興し、町が回りだす出発点になる、そういう希望を語ります。
教科書は
「メガ・リスク時代の『日本再生』戦略 ――『分散革命ニューディール』という希望 」(筑摩選書)
収録は2020年10月24日

後半→https://www.youtube.com/watch?v=wbsdrTb_JWM&feature=emb_logo
前半は→https://www.youtube.com/watch?v=wME6ynlCXWQ