ルールある経済社会づくりと民主主義の徹底。

昨日7/11の党創立96周年記念講演のレジメと、冒頭の豪雨被災者支援のお願いです。
①新綱領が200306に案として出てから15年経った。②オリックスの社長が「会社は株主のもの」という考えだったが、「モノ・金ではなく、人への奉仕が大切」との考えに今では変わったと言っている。③憲法9条の解釈改憲という改ざんは、何よりも大きな改ざんだった。④原発政策でも野党共通政策が出来た意味は大きい。⑤韓国のキャンドル革命の意義 ⑥昨年秋の総選挙で北東アジアの平和と対話を訴えた意味 ⑦ドイツでのマルクスの評価がすごい。⑦米中間選挙での「社会主義」スローガンの伸び ⑧欧州・国連・英国・ギリシャでの友党との連帯の発展 ⑨マルクスの「人間の自由で全面的な発展」への共感の拡がり ⑩未来社会への展望と、今の「労働法の改革」などの一つひとつの運動とはつながっている。
 以上をメモしたところです。良かったです。
画像

画像

"ルールある経済社会づくりと民主主義の徹底。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント