コロナ感染症の疫学㉖すみやかな検査と安心して療養できる制度を

 世界で少しづつコロナ禍に対する制限緩和がされる中、欧州でも、また見本としてきた隣の韓国でも、感染拡大の緩みが報道されました。その程度差は、スペインで5月に入っての10日まで1日0.2~0.5%・一日約500人~1000人増だったのが、ここのところ1日0.9%・一日1500人増となった。また韓国も0.2%増が0.9%増へ。その結果、各国とも再び制限強化に向かうとのこと。ここ藤沢でも、連休中は5/4の2例のみとなって、かなり落ち着いてきました。しかしこれも、マスク・消毒・距離をとる・自粛などこれだけの制限をした中での減少。PCR検査の基準緩和が行われ、疑いのある方はすぐにも検査ができることにもなったので、隔離の体制を整える必要があります。インフルエンザのような抗原検査キットもできるとのこと、すみやかな検査と安心して療養できる制度を望みたい。
コロナ統計20200512.jpg

"コロナ感染症の疫学㉖すみやかな検査と安心して療養できる制度を" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント