8月6日辻堂駅でヒロシマの原爆の追悼式に参加します。

8月6日火曜日、朝8時から30分間
辻堂駅でヒロシマの原爆の追悼式に参加します。
 私の中でのその意味は、「シンクグローバリー、アクトローカリー」ということです。
・日本の中でのこの歴史を風化させたくない
 ・アベさんがコロナ禍の中でも憲法改悪に固執していること
  ・国連核兵器禁止条約発効のためへの日本の責任と貢献を
   ・地元辻堂文化9条の会として平和文化を発信すること
ピースのぴーちゅん.jpg

コロナ禍、「来週になったら大変なことになる!」「来月になったら目を覆うことになる!」

国会で証言した、東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦氏が激白!~7.21第一回政策勉強会「ヨナオシフォーラム2020」
https://www.youtube.com/watch?v=XoyDJww3bZU&list=LLhoDkMojPBEOwV-yqPhpgIg&index=2&t=0s

iwj会員になれば全編がみれます。
https://iwj.co.jp/wj/member/archives/478470#memberB

コロナ感染症の疫学㊼このままでは10日後には今の倍になる。

 今日は全国で1482人。7/29-30-31の3日平均が1349人。5/25-26-27の3日平均で28人。28・xの66乗=1349という指数関数で計算すると、x=1.06。10日後=1349・1.06の10乗=2415人。
 こんな少ない検査数でどうするのか。
 児玉先生も言っています「今日のいきおいでいったら来週はたいへん。来月は目をおおうようなことになる」と。
https://www.youtube.com/watch?v=a-AlGLO8YNc&fbclid=IwAR1PB7ptb3TVYHnSEKhWAIiaiOKJcUy1dxz2U66UAwPUC8KClHy8lI4IHFA

東京都の感染者数は463人になった



今からでも遅くない。積極的検査を増やすしかない。→https://www.youtube.com/watch?v=a-AlGLO8YNc&fbclid=IwAR2XpI970AX53EWmLiv1aF_c-1CxEtrwp5SaxnBjNJgpt2hgoWIfa-_rQmw

府川きよし氏「詩集 花水川物語外伝 流域の自由民権運動」のお薦め

日中友好協会県連と湘南支部の役員を長年たずさわっている府川きよし氏が、このほど「詩集 花水川物語外伝 流域の自由民権運動」を自費出版されました。先月千円で買い求めたもので、ようやく目を通したら、一気に読み続けました。
 神奈川の運動にたずさわる方にはぜひお薦めします。8/8には日中友好協会湘南支部の映画会が13時半から市役所5階でありますので、その折にお求めできます。→http://nicchushounan.sakura.ne.jp/index.htm
Img_2569.jpg

藤沢発。市の広報公聴委員会で長年の懸案だった市議会議員用の議案資料、委員会報告資料、請願陳情資料等のホームページでの公開が決まりました。

共産党市議団では2年前にこれらの資料のデジタル化で議員用タブレットには会議開催1週間前にダウンロードされるが市民には直接みることができない(勿論紙ベースでは市民情報室には前から配架されています)点について、かねてより要望してきました。前回6月の議会で県内自治体の現況を議会事務局が調べることになり、この結果をみて、昨日7/30の広報公聴委員会で決まったものです。
 質疑では、各派から藤沢はすべてー(ここには議案そのものの現況は書かれていないが、これは藤沢でも勿論公開されています→http://shigikai.city.fujisawa.kanagawa.jp/g07_giketsu.asp)-の議案の付属資料とか委員会報告資料、請願陳情などが公開されてなく、情報公開の点で大変遅れていることが指摘されました。私も「本来は議員に配布されるタイミングで市民にも公開されるべきと考えるが、これらの資料でミスのあることもあり、その訂正のため議員配布後2~3日後ならばいいのではないか」と、各市町村並みの情報公開を訴えました。一定の妥協もしたところです。
 先ずは一歩前進、良かったです。
 これにより、議員団としては、2年前から独自に行ってきた市議団のホームページにこれら資料を掲載する必要がなくなりますが、掲載のタイミングの問題や、施行時期の問題、過去分の資料掲載の問題がまだ残っていますので、当分の間は独自にも公開を続けてゆきたいと思います。なお、独自掲載のHPのサイトは、以下です。
http://fujisawagikai.sakura.ne.jp/
広報公聴委員会2020729日程資料.jpg

コロナ感染症の疫学㊻GOTOトラベル施行の中、全国の感染が1264人まで増加。

大阪221、愛知167、福岡101、そして岩手でも感染者出る。 
 世界平均の一日当たり感染増は約1.5%。これより高いのがインドと日本約3%。南アフリカ2.5%・ブラジル1.7・メキシコ1.7・アメリカ1.5%。一日当たりの感染者増では日本はインドに次いで2番目に多い。韓国0.4%増と比較して15倍という不名誉な数値。感染者数人口比もこのままではあと10日以内に上回る。世界の中での日本のPCR検査の実施率の低さは異常です。
 共産党では感染震源地でのPCR検査の徹底を政府に申し入れています。
東京2020072901NHK.jpg
東京2020072902NHK.jpg
東京全国感染者数20200525-0729.jpg
コロナ統計20200729.jpg

本日2020.7/29の藤沢市災害対策特別委員会の質疑です。

藤沢市議会災害対策特別委員会質疑         2020.7/29共産・山内

PCR検査について
1.昨日28日のコロナ感染者数は全国で992人で過去最多になりました。また大阪府155人、愛知110、京都府31、岐阜25、沖縄21人も過去最多だと新聞報道されています。
 藤沢も連日複数の陽性者が公表され合計103人、7月だけで39人です。藤沢は感染がまん延している東京・新宿とつながっている。感染者の分析でその辺は何かわかっているのかどうか
答 若い世代の感染者が増えており、一定の関連性があるものと捉えております。
2.つい最近、埼玉県では濃厚接触者以外にも検査を拡大すると発表した。同じフロアにいた人などもやるとのことだ。この間濃厚接触とされないレベルでも感染が成立しているケースが国では報告されている。神奈川ではこういう検討はされているのかどうか。
答 検討されていないとのこと
3.本市では幸いにも院内感染は発生していないということでしたが、
市内医療機関・介護福祉施設従事者関係者で感染者が出た所では積極的PCR検査をすべきではないか
答 本市で患者が発生した場合は,疫学調査により速やかに濃厚接触者を特定し, PCR検査の実施等,迅速に対応をしております。
4.感染経路不明の人が増えているのではないか。川崎の動画発表では、6割・7割を占めると報道されていました。藤沢でもこうした情報も公開し、コメントがほしい。見解は。
答 市の患者発生例は母数が少ない中で情報を公開することは感染拡大防止の観点から有効でないと判断しております。傾向としては県の内容に準じていると認識しております。
5.PCR検査の数が日本は少ないことが問題だ。
 感染者が増え検査体制を早急に増やすことが求められるわけだが、保健所管轄・市民病院等で可能な一日の上限数と、今後の目標について知りたい。
答 現時点で、保健所内においては一日50件程度の検査を実施が可能ですが、今後検査の増加も見込まれます。
また、検査につきましては目標を立てて行うものでなく必要な方をできるだけ検査につなぐことが肝要と認識しております。
6.まだまだ少ない検査状況をみると、PCR検査センターは検査できない医療機関にとっても市民にとっても、8/31以降も続けた方がいいと思うが、検討状況をききたい
答 PCR検査センターの9月以降の開設について、藤沢市医師会と協議を継続しているところです。
7.市内医療機関でも、3/6以来100以上でPCR検査ができるようになったとのことだが、できればこの医療機関がわかれば、市民にとっても安心できると思うが、医療機関名の公表についての見解をききたい。
答 原則として, PCR検査を行う医療機関につきましては,風評被害や感染拡大防止等様々な理由から非公表となっておりますが,状況により保健所が必要であると判断した場合は,限定的な運用によりお知らせできるよう,藤沢市医師会と協議を進めてまいります。
8.もう一つ、この100以上の病医院では、このすべての施設で今日からでもすぐに検査できるのかどうか伺いたい。
答 病医院とは集合契約をした。それぞれの院所で検査開始するには準備もあるかと思う。
9.この検査をできるようになるまで、県との契約に1カ月以上かかるという升添元厚労大臣の書き込みがあるが事実かどうかききたい。
答 (文書を未だ見ていない)

医療体制について
10.人工呼吸器をつけた感染者は、7/17~25の統計で、東京で7人→20人で、2.9倍、全国で54人→79人と1.5倍という新聞報道です。
 7/17に神奈川警戒アラートの時の県内入院者が101人ということだが、今日現在の入院者数はいくらになっているのか。また、この警戒アラートの次の段階での準備はどうなっているのかききたい。
答 入院者数は、7月27日更新の神奈川県のホームページでは、146人となっている。今後の医療提供体制については、必要な即応病床数を入院患者数の動向を踏まえ、入院者が150人程度となった時期を目安に医療機関に対して、病床拡大の要請を行うこととしています。
11.保健所取組の3頁に「現時点の病床利用率の伸びは鈍い」と書かれているが、これは県の発表だが、これは大事なことなので、このことの根拠についてはやはり数字で示してもらいたい。
答 県によりますと、7月16日現在、重症患者に対応するために確保している高度医療機関の病床が63床のうち9床使用(使用率14%) し、また、中等症患者の患者に対応する重点医療機関では、407床のうち65床(使用率16%)使用している状況であり、入院患者数が少ないことから、「現時点の病床利用率の伸びは鈍いと判断したものと認識しております。
12.同じく3頁に「電話相談業務についても事業者への業務委託を継続している」と書かれているが、この相談電話というのはどこまで委託でやっているのか。こんな大事なことは本来保健師でやるべきではないのか。
答 「電話相談業務」につきましては、「帰国者・接触者相談センター」及び「一般電話相談窓口」業務を医療従事者の人材を派遣する事業者に業務委託を行っております。これは,保健所が患者発生時に疫学調査等必要な対応を即時に行う体制を取るため,国の通知に基づき,委託により実施しているものです。
いずれの相談も看護師の資格をもっ人材が対応をしておりますが,判断が難しい内容等,対応困難な事例につきましては,保健師を始めとする保健所職員が引き継ぎ対応をいている状況でございます。
13.7/1から応援体制を解除したら現在は一日8人の感染者が出る状況に代わってきている。応援を要請する見極めはどうするのか。
答 患者の発生鈍化に伴い、庁内保健師の応援を7月1日からいったん解除しましたが,先週位からの患者発生状況を鑑み、現在,保健師の応援体制の再構築を検討しているととろでございます。
14.応援を要請する必要があるのではないか
答 先ほども答弁をさせていただきましたが,現在,応援要請をするための調整を進めているところでございます。
15.職員の体制も大変だとなると外から人を増やす以外にないのではないか。
保健師を含め臨時に雇用することもすべきではないか。
答 外部からの雇用を含め,検討をしているところでございます。

情報公開について
16.鎌倉市、茅ケ崎市、大和市などのように、若い人向けにツイッター公式アカウントなどでの発信を望む。市民の声があるが、市の見解は。
答 新型コロナワイルス感染症に関する市民への情報提供につきましては,現在,広報ふじさわをはじめ,ホームページやラジオなどを活用して行っております。
議員ご指摘の,いわゆるSNSなど活用した若い人向けの情報提供につきましては,他市の事例等も参考にしながら,関係部局とも連携し,検討してまいりたいと考えております。
・県ホームページとのリンクによる病床の稼働状況についての情報公開について、市民病院のみなのかどうか
答 新型コロナウイノレス感染症に対応する医療機関,及び宿泊療養施設の確保病床数や使用率などにつきましては,現在,神奈川県が一括して県の特設ホームページにおいて公表しており,市のホームページにもリンクを設置しているところでございます。
市といたしましては,市民の皆様に必要な情報を正確にお伝えできるよう,引き続き,県の動向を注視してまいりたいと考えております。
17.LINEコロナ・COCOAの利用が呼びかけられているが、やはり利用率などもう少し数字で示してほしい。
答 国が実施する「新型コロナウイルス接触確認アプリ,通称COCOA(ココア) の7月27日現在のダウンロード数は,全国で約870万件と聞いております。また,神奈川県が実施する, L 1 EN公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」の7月27日現在の友だち数は, 約80万5,000人と聞いております。
 いずれも,藤沢市民の利用率などの詳細は分かりかねますが,市といたしましは,これらの取組を含め,感染拡大防止策の一つのツールとして,様々な場面や機会を捉えて,市民の皆様への情報提供に努めてまいりたいと考えております。
・5月12日(火曜日)から9月30日(水曜日)まで医療の最前線で働く従事者の方々に元気を与え、応援するために「藤沢市医療従事者応援寄附金」を設置し、寄附の受け皿をつくっているとのことですが、たいへんいいことだと思います。あまり知られていないように思うが、これまでの実績と周知方法について知りたい。
答 藤沢市医療従事者応援寄附金は、本年5月12日から、インターネット「さとふる」ホームページ、窓口での寄附、寄附金箱18か所の3つの方法により受付を実施しており、現在の手元の集計ですが、インターネットと窓口の件数が約200件で、合計の金額として、約1 100万円の寄附をいただいており、医療機関等への物資の提供等に活用させていただきたいと考えております。周知については、広報ふじさわ、ホームページ、庁舎施設内のポスターのほか、本庁舎9階窓の外側にサイン掲示するなど、市民に呼びかけを図っております。

市民病院について
18.国の助成金は2-3頁の額をすべて合計しても3.3億円にしかならない。実際の赤字分10.4億円からすると、あと7億円の補填は、全国の医療団体が要望しているように当然国が補填すべきとかんがえるが、当面は市として補填することになると思うが、どのように考えているのか。
答 市民病院としては、経営改善の取組を進め、持続可能な病院経営に努めてまいります。
 新型コロナウイルス感染症に対する医療提供体制「神奈川モデル」の高度医療機関及び重点医療機関協力病院として、その役割を担ってまいります。
 従来の急性期医療を中心とした地域を支える基幹病院としての役割も果たしてまいります。
 空床確保のための交付金申請など、補助メニュー等を活用する中で、どうしても埋められない部分については、市と協議する中で支援をお願いしたい。
19.市民病院等への国費・県費の投入について、これはそもそも神奈川モデルの中で県に従って病床規制をしてきただ。市の説明によれば、コロナ対応してきた病院ほど赤字幅が大きいとのことだ。
 十分な補償をするよう国に要請すべきだ。見解は。
答 市民病院としては、新型コロナワイルス感染症に対する医療提供体制作申奈川モデル」の一翼を担う病院として、医療提供体制を維持してまいります。神奈川モデルにおける経営に関する課題などは知事要望や県市長会要望のほか、全国自治体病院協議会など、関係機関と協議しながら適切な発信に努めてまいります。

意見
1.少なすぎるPCR検査数を早急に大量に増やすべきだ。日本の検査数は人口比で言うと、世界で159位とのことだ。韓国との比較では、ジョンホプキンス大のオープンデータによる昨日の分析では、日本は千人あたり4.7人で、韓国は6倍の30.3人だ。本市も日本全体と殆どかわりなく5.4人になる。
 なぜこんなことをいうのか、これは韓国のPCR検査数と感染者数との比較のグラフをみると一目瞭然ではないかと思って持ってきました。こちらが検査者数の比較です。青い方が韓国でこれは実数の比較ですが、人口は日本の半分ですから、人口対比でみればもっと大きな差になるわけです。韓国では初動の時から検査数を急激に増やして早期発見と隔離をしてきた。一方日本では4月に蔓延してようやく少し増やし、最近あわてて1万~2万人に増やしているわけです。 
 そしてこちらがその検査の陽性の感染者の数のグラフです。日本はすでに第2波が襲ってきてすでに4月の第1波を超えていますが、韓国の方は、日本や欧州でみられるような第2波の波はみられずに、ほぼ抑えられているわけです。こういうことが評価されて、今や韓国の検査と保健予防医療体制モデルは世界で評価されています。
 そこで、ひるがえってこの日本の中の本市でも、積極的PCR検査を拡げるべきであり、本市でも特に市内施設で感染者が出た医療機関・介護福祉施設、保育園・幼稚園、学校などでは、全員の積極的PCR検査をすべきと要望致します。
2.今回いくつか質問してきたようなコロナ感染症の現状把握について、例えば施設の感染状況、感染経路不明者の統計、病床利用率、或いはネットでの接触アプリ利用率、またボランティア情報などが念頭にありますが、こういう情報公開などの内容面の充実を望む。そのために、ホームページも、災害対策面では、今は主に地震つなみ水害に対応した防災インフォメーションになっているが、それと同等にコロナ感染症インフォメーションも作成して、ホームページトップにリンクして作成すべきだ。正しいインフォメーションがなければ正しい考えをもつことができない。
 また、市民から要望がされているように、若い人がよくみるツイッターでの発信も要望したい。
3.保健予防の現場でたたかっている保健所職員の増員を含めた体制強化をすべきです。
 世界では「自己責任の社会から連帯の社会へ、言い換えると小さな社会から社会の力こそ必要だとの考えにチェンジしてきた。短期的な効率至上主義(お金)から、長期的にみた安全安心第一の考え(人間)へチェンジしてきた。しかし災害に強く、より強い連帯の社会つくりは一朝一夕ではいかない。教育・組織・文化など多方面の協力が必要だ。世界的にもいち早い初動検査に対応できた韓国の保健予防体制と市民運動の力が注目されている。行政と市民・私ども議員が一丸になってこの世紀のコロナ禍に対応して貰いたい。
 以上、意見を申し述べます。

7/31に悪名高き育鵬社の公民・歴史教科書が不採択され新しい教科書になるかの教育委員会決定が下されます。

こんなに現場で評判の悪い教科書が藤沢では計8年間も使われてきてしまった。私はひとことで一刀両断です。「アベ首相の顔写真が12枚もでてくるような公民教科書なんですよ-信じられません。」 中途でも不採用にして欲しかった。子どもに8年間もこんな教科書を使わしてしまったとは。アベ政治の腐敗、極まれりです。
20200728163052_ページ_1.jpg
20200728163052_ページ_2.jpg

藤沢市議団ニュース284号ができました。コロナ禍の6月議会での補正予算の中身が主な内容です

ダウンロードして活用下さい→http://www.ne.jp/asahi/jcp/fujisawa/
6月議会の以下の報告になります。
・6月定例市議会・補正予算のなかみ
・スーパーシティ構想の危険性
・医療機関への充分な補償を
・国民健康保険料が今年度据置に
・入園保留児童が未だに581人
・広場条例に反対しました
284_ページ_1.jpg
284_ページ_2.jpg

コロナ感染症の疫学㊺世界平均の一日当たり感染増は2%弱。これより高いのがインド約4%、南アフリカ・日本約3%。

 世界平均の一日当たり感染増は2%弱。これより高いのがインド約4%、南アフリカ・日本約3%。ブラジル・メキシコ・アメリカ約2%。一日当たりの感染者増では日本は韓国0.3%増と比較して10倍にもなってしまった。感染者数も追いついてきた。世界の中でのPCR検査の実施率の低さは異常です。
MEDLEYコロナ統計20200724グラフ.jpg
コロナ統計20200724.jpg
東京全国累積感染者数20200525-0724.jpg

【国会ダイジェスト字幕付き】児玉龍彦教授、渾身の訴え

「このままでは来月は目を覆うような惨状になる・・・」コロナ対策とGoToについて言及【参議院新型コロナ閉会中審査】
https://www.youtube.com/watch?v=a-AlGLO8YNc
「東京のエピセンター化(感染集積地)を止めるには面的な20万~30万という数のPCR検査を大学・民間企業等総力をあげてとりくむことが求められている」-ぜひみてほしい動画です。

家賃支援給付金の申請を手伝いました。

家賃支援給付金の対象者になるべき3人、いずれも未だ無理でした。3人とも持続化給付金はOKの方でしたが、2人は、5月からの期間ということで、5月・6月は5割減とはなっていないため、あとひと月の7月まで連続3か月の平均が3割減となれば、申請できる方でした。あと一人の方は家賃契約書はあっても古すぎてその後更新されていない方でした。大家さんに事情を話して契約書を作って貰うことから始めなければなりません。長年借りている方はこういう例が多いのかもしれません。
 家賃支援給付金の申請サイトは→https://yachin-shien.go.jp/

7/19日曜、夏の辻堂午前

7/19日曜、辻堂午前の散歩。今夏は湘南の海水浴場はどこも戦後初めて開設が見送られました。事実上の遊泳禁止状態といったところ。海上に立てられる旗と旗の間はマリンスポーツ禁止とのこと。その日の離岸流を見定めて旗を立てるとのこと。離岸流による事故が世界的に問題になっているようです。写真は、
 ①辻堂海浜公園管理事務所前に咲くハマボウ ②左手・昨日からライフセーバーが監視10-15時 ③江の島方面とサーファー ④茅ヶ崎方面 ⑤辻堂海水浴場前の遊歩道は未だ砂で埋まっていた。
1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

日本共産党98周年記念講演「コロナ危機をのりこえ新しい日本と世界を―改定綱領を指針に」開催。

志位さんの日本共産党98周年記念講演が始まりました。来賓メッセージでは100周年目では共産主義が正当に評価されることが期待されています。
 コロナ後の社会は前の社会にもどるのではなく、新しい社会建設が求められています。私のブログテーマにもリンクをはり、いつでも視聴できるようにしました。

・自己責任の社会から連帯の社会へ
 ・「小さな社会」から社会の力の強調へ
  ・効率至上主義(お金)から安全安心第一の考え(人間)へ
 
それでは、新しい人間が主人公の社会のために乾杯。

フィッシング詐欺を厳しく取り締まってほしい。

フェイスブック・SNS、アマゾン、口座などで、サイト名を騙り、アカウント情報をもう一度入力させて盗むフィッシング詐欺が増えています。例えば、①②のようなもの、最近家のパソコンにきました。大手銀行名を騙ったものもあり、「エラーがあり、もう一度入力して下さい」とメッセージが来るとつい入力しそうになります。これらの対策のために、最近では③のように2段階認証のメール・ショートメールが届くシステムが多いようです。もしもログインした覚えがないのに、2段階認証のメールが送られてきたら、絶対に『上記の端末でログインする』のボタンを押してはいけません。『ログインしない』ボタンを押してください。そのあとパスワードを忘れずに変えましょう。↓のようなサイトをよく読んで、手口を理解しておいた方が良いようです。
 しかし、これらは高齢者にはムリな話。きびしく取り締まってほしい。
https://time-space.kddi.com/it-technology/20190613/2670

コロナ感染症の疫学㊸世界平均の一日当たり感染増は2%弱、日本は1.7%増で世界平均なみ。

 世界平均の一日当たり感染増は2%弱。これより高いのがインド約4%、ブラジル約2%。日本は1.7%増で世界平均なみ。韓国は0.3%増と比較して、やはり感染者隔離-PCR検査の少なさが影響していると私はみる。 下記の表で前回比は6日前・7/8との比較です。
コロナ統計20200714.jpg

「和製漢語:中国 日本と世界を繋ぐ絆」-2009年の日本語スピーチコンテストより


中国大使館のトップページ・日本見聞に掲載されている2009年「各国大使館員日本語スピーチコンテスト」受賞作品の「和製漢語:中国 日本と世界を繋ぐ絆」です。
 漢字を介した日中交流の歴史のひとこま。勉強になりました。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/rbjw/t718128.htm
和製漢語_中国 日本と世界を繋ぐ絆.jpg

今日7/14、午後から辻堂文化9条の会の定例宣伝

辻堂駅南口1時半があります。私も参加します。
《6月18日の会見でも首相はこのように言及している。
 「自民党は憲法改正に向け、緊急事態条項を含む四つの項目について、すでに改正条文のたたき台を示しています」「いま目の前にある課題を決して先送りすることなく解決していく、これは私たち政治家の責任です」
①枚目は7/19の国会行動 ②③は原水協冊子より今年8/6-9のオンライン世界大会の案内です。→https://www.antiatom.org/Gpress/?p=18195
20200719国会行動.jpg
文書名 _20200714100914-3.jpg
文書名 _20200714100914-2.jpg

7/13月曜、定例朝宣伝、相談、雨水枡のお掃除。住宅リフォームのこと。

 学校が始まったとおもったら、東京での感染者のまん延。首都圏が危うい。熊本の被災者のみなさんにお見舞い申し上げます。気候変動もコロナ禍も元をただせば同じ根っこを持つ問題に思えます。宣伝終了の頃アジア系の方がスマホで〇〇老人ホームへのバス乗り場を聞いてきました。北口大船33番-ホーム4番にご案内したところです。コロナ対策県の協力金第二次対象者要件のことと、新しく始まる住宅リフォームの申し込み開始日などを聞いてきました。帰ってから地元開発計画の説明会の打ち合わせ、、、その前にちょっと雨水桝のお掃除でした。因みに県の協力金第二次申請の締切は明日7/14までです。
Img_2365.jpg
s-IMG_2364.jpg
s-IMG_2368.jpg
s-IMG_2369.jpg
202008annai_ページ_1.jpg
202008annai_ページ_2.jpg

大量の積極的PCR検査を。「休業要請なら補償を」

コロナ新感染者、今日7/9、東京224人、神奈川25、藤沢3。厚労省と都で「接待を伴う飲食店での感染防止策を強化し、PCR検査を拡充していくことなどで一致」とのテレビ報道。さらに、「検査が多いからたくさんの陽性者を出しているということだけではなく、細かく見ていくと、感染経路を追い切れていない部分もある。政府と連携しながら対策を講じていく。意見交換と情報交換を行い、国や都として何ができて何をしなければいけないかを共有した」。さすがにここまできて、積極的PCR検査を大量実施に踏み切るようだが、同時に(増えるようなら休業要請する)との含みがある言い方です。→「休業要請なら補償を」。
東京全国累積感染者数20200525-0709.jpg

持続化給付金のフリーランスへの対象拡大の署名キャンペーンに賛同します。

加藤なを子さんブログより「子どもたちの声を聞き、尊重して学校運営を進めてほしい」  ---同感です

 →http://kato.jcpweb.jp/archives/7650  2020年7月7日

 学校再開後の子どもたちの願いが届いています。「友だちと会えて嬉しい!」「校庭を思いっきり走れて気持ちよかった」「給食最高!」「修学旅行は絶対行きたい」「体力がおちた」「マスクが熱い」「行事をなくさないで」「授業時間が長く感じる」「コロナに効く薬を早く作ってほしい」「みんなで勉強するのは楽しい」などです。
 そして保護者からは、「密にならず、丁寧に教えてもらえるように先生を増やして小人数学級にしてほしい!」「不登校だったが分散登校で、学校に行けた」「学校が始まって子どもの表情が生き生きと楽しそう」「先生が消毒作業に追われ、授業準備の時間がとれなくなっていないか心配」などです。
 これらの声を教育員会や学校現場に届けたいです。現場の先生たちは、子どもたちのことを優先に考え進め、ご苦労されていると思います。
 子どもたちの心のケアや健康状況、学習の進め方、学校での過ごし方などさまざまな課題がありますが、子どもたちの声や願いを聞き、尊重しながらが進めてほしいと願っています。

コロナ禍第二次補正家賃支援給付金の件です。

申請手続きは未だ公開されていません。早急公開が望まれています。要は、
②5月~12月の売上高について、
・1ヵ月で前年同月比▲50%以上 または、
・連続する3ヵ月の合計で前年同期比▲30%以上 ということです。
以下は、田村議員の6月の質疑です。
https://www.youtube.com/watch?v=HgCCfTtiwV8
yachin-kyufu_ページ_1.jpg
yachin-kyufu_ページ_2.jpg

コロナ感染症の疫学㊶

 世界平均の一日当たり感染増は約2.0%でこれはアメリカと同じ。これより高いのがインド・ブラジル等。日本1.0%増、韓国0.5%増、スペイン0.2%増など。
 注意すべきは、日本・東京の数字の場合、6月からの「第2波」の趨勢をみる場合には、緊急事態宣言を終了した日からの新たな感染数・累計でみた方が良いと思う。東京の新規感染者数は、緊急事態宣言終了日から現在まで10人から120人で推移しているので、指数関数(10・x42乗=120)に当てはめると、これは一日6.1%増。東京の3日平均を120とすると、10日後には200人を超え、来月8月1日には500人を超える予測が成り立ちます。実際の計算はさらに複雑だとは思うが、ことは命に関わる問題なので許してほしい。
東京全国累積感染者数20200525-0704.jpg
コロナ統計20200704.jpg

東京と全国の5/25緊急事態宣言解除日からの累積感染者数のグラフです。

東京の患者増を指数関数に当てはめて、5/25から計算すると一日当たり5.0%増。6/11から計算すると一日当たり5.6%増の患者増です。これは現在のインドやブラジルの感染者増より多い。予防医学的にみれば、すぐにも手をうつべきです。
東京全国累積感染者数20200525-0701.jpg

6/30日の全国138人、7/1東京の67人の感染者数をうけて、菅さん「最悪の場合再び宣言発出の可能性も」、安部さんも「第二波に備え検査や医療体制強化の考え」と言い出しました。その通りです。すぐにも、積極的予防的なPCR検査を大量に実施し、早期隔離、早期治療体制を作って下さい。

今こそ積極的PCR検査を、早期隔離、早期治療を

コロナ感染症の疫学㊴世界で一日2%増の感染

14日からの「東京都コロナ新感染者数の推移」です。
47→48→27→16→41→35→39→35人(6/21)→29→31→55→48(6/25)→54→57→60→58(6/29)。東京が危うい。いつ100人になってもおかしくない。4月の状況と同じだ。14と15日は集団検診18人、20人。24と25日の集団検診は12人と7人の数は確認できています。積極的疫学検診の数が増えるのは良い。これでは全く少なすぎる。早期発見・早期隔離・早期治療です。
インド・ブラジル・世界で感染爆発がつづく。
東京20200629NHK.jpg
東京20200629.jpg
MEDLEYコロナ統計20200629グラフ.jpg
コロナ統計20200629.jpg

ニエアル没後85周年記念講演のお誘い。

岡崎雄兒氏「歌で革命に挑んだ男」2020.8/8 13時半~市役所5階第二会議室です。
http://nicchushounan.sakura.ne.jp/oshirase/20200808nier.jpg
 今年は、毎年恒例のニエアル碑前祭は中止となりました。日中友好協会湘南支部としては、下記の講演とニエアルの作曲した音楽を聴きながらニエアルをしのぶ会を開きたいと思います。
nicchushonan132_ページ_1.jpg
nicchushonan132_ページ_2.jpg

「発熱外来」を開設した医療機関への第二次補正予算

 今度の6月議会では私は「コロナ感染症まん延対策について」と題して質疑しました。
その中でも市内でも多数の医療機関が自発的に「発熱外来」を設けて、通常患者さんとは動線をわけたり、診療時間をわけたり、さまざまな工夫と努力をされ、感染防止に取り組まれました。なかなか身近なところで発熱患者を受け入れなかった医療機関の中で、「発熱外来」を開設した医療機関には敬意を払うものです。しかし「院内感染」の市民の不安は大きなものがありました。その影響はこの「発熱外来」にも及んだものと思います。こういう状況の中で、問題は、そういう発熱外来の医療機関を、地域医療のなくてはならないセンターとしてきちんと公表もして、位置付けづけることだと思うわけです。質疑では杉並の「発熱外来センター」の事例をあげました。また質疑ではあげませんでしたが、韓国の「国民安心病院」もかつてのSARSまん延の教訓のもとにいち早く初動したとの教訓が知られています。それで、以下の質問をしました。
 「地域の中でのこうした「医療連携」の在り方が要点だと思うわけですが、保健所と、帰国者接触者外来をもつ医療機関、或いは病院や診療所での「発熱外来」をもっているところと、その他の一般の医療機関との日ごろからの地域連携が重要だと思うが、見解は。」
 回答は以下の通りです。
「今回のような感染症の発生・拡大に備え,日ごろから,地域における保健所と医療機関,また,医療機関相互の連携を図っておくことは,早期に適切な医療提供体制の整備を図る上で大変重要なものと認識してございます。
現在,平常時から健康危機管理について関係機関と情報交換を行うとともに健康被害が発生した場合に関係機関における迅速かっ適切な連携を図るため,医師会及び薬剤師会をはじめとした関係機関の代表者からなる,「藤沢市健康危機管理保健所協議会」を保健所内に設置しております。
今後につきましでも,こうした協議会の場を活用しながら,関係機関相互の情提提供や,情報交換の機会の確保等に努めてまいりたいと考えております。」

 国の第二次補正予算では、コロナ陽性者を入院などで受け入れた病院等には空床確保などの経済支援等がなされたところですが、外来ではかつてはインフルエンザ等対策行動計画の中に位置づけられていた「発熱外来」が今ではなくなっており、診療所等への経済支援も「感染拡大防止対策等」への実費支援が上限100万円というまったく不十分なものとなっています。
質疑全文はこちらを参照ください→https://drive.google.com/drive/folders/1j7-aWLUptz1T9V0qqsur3R-xlNLhMLAP?usp=sharing
発熱外来への支援これでいいのか.jpg
発熱外来への支援はこれでいいのか2.jpg

コロナ感染症の疫学㊳インドで一日4%増の感染

14日からの「東京都コロナ新感染者数の推移」です。
47→48→27→16→41→35→39→35人(6/21)→29→31→55→48(6/25)。ますます東京が危うい。14と15日は集団検診18人、20人。24と25日の集団検診は12人と7人の数は確認できています。積極的疫学検診の数が増えるのは良い。しかし、これでは全く少なすぎる。集団検診・積極的疫学検診の数がわからないのも問題です。
インドで感染爆発。一日4%増の感染。
東京20200625NHK.jpg
コロナ統計20200625.jpg

明日6/25は私・山内の一般質問がお昼ころ、味村議員は朝一番の10時からとなります

藤沢6月議会での質疑です。コロナ禍の中での感染予防をした歴史に残る議会となりました。質疑もコロナ関連一色といってもよい中身でした。グーグルドライブへのupは明日になります。明日6/25は私・山内の一般質問がお昼ころ、味村議員は朝一番の10時からとなります。
10味村耕太郎 ①新型コロナウィルス感染症対策について ②スーパーシティ構想について
12山内幹郎 ①市民の予防と検査要望について ②医療機関の準備体制について ③医療提供体制とその支援について
https://drive.google.com/drive/folders/1j7-aWLUptz1T9V0qqsur3R-xlNLhMLAP?usp=sharing
202006議会質疑.jpg

コロナ感染症の疫学㊲南米で一日4%増の感染者

14日からの「東京都コロナ新感染者数の推移」です。
47→48→27→16→41→35→39→35人(6/21)。東京が危うい。14と15日は集団検診18人、20人は確認できています。16日以降の集団検診・積極的疫学検診の結果は? 一番知りたいことがわからない。世界では一日当たり感染者増は約15万人。このままでは6月中に千万人になるのは確実。南米が危うい。
 最近、石弘之「感染症の世界史」と山本太郎「感染症と文明」を読みました。2番目の表を作りました。いずれも「新興感染症の75%は動物起源で、森林破壊で生息地を奪われた動物が人里に押し出された結果だ」という点では共通のものがあります。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=20&v=dQ_q42cfB8M&feature=emb_logo
コロナ統計20200620.jpg
最近の主要感染症の概要.jpg

小学校に続いて藤沢の中学校でも一斉登校になります。

明日6/22から、小学校に続いて藤沢の中学校でも一斉登校での午前授業(小学校では給食もすでに再開しています)になり、29日からはようやく通常授業になります。「子どもの学びとケア 安全のために」のポスターは先週貼ったものです。教員10万人増の政策です。少人数学級に少しでも近づけたいですね。東京などでのまん延が再燃しないことを祈りたい。この間、児童生徒のために一日に二度、三度と授業を行ってこられた教員のみなさんに敬意を表します。因みに、来年度からの中学校の公民教科書等を決める展示会は藤沢市役所分庁舎で23日までとなります。4枚目の写真は今日早朝の辻堂駅南口。この頃はタクシーは一台しか止まっていないのが寂しい。
s-IMG_2118.jpg
s-IMG_2115.jpg
R2.5.21藤沢市立学校の再開について_ページ_1.jpg
s-IMG_2113.jpg

コロナ感染症の疫学㊱東京で47人の陽性者。コロナ感染、東京都が危うい。

FNNニュース。14日からの「東京都 コロナ新感染者数の推移」です。
47→48→27→16→41人。
解説者によると、「小池知事はもうアラートのシステムには戻らない。今日15日から新しいワーキンググループを立ち上げる」とのこと。「まだ3店舗だけですが、積極的に検査をすることはよいことだ」との見解でした。
 因みに、14日の47人のうち19人が集団検診、15日の48人のうち20人が集団検診とのこと。16日以降の数字は私は不詳ですが、いずれにせよ、積極的PCR検査を劇的に拡大することがのぞまれるところだ。3店舗だけの集団検診だけでは到底少なすぎるし、院内感染防止のためにも先ずは医療介護福祉従事者の検査も拡大すべきだ。
 世界では、人口13億のインドで感染爆発などで、全体では今月中にも千万人(0.13%)を超える。南米チリやペルーの人口対比の感染者が世界上位。チリでは100人に一人の感染者。

https://www.youtube.com/watch?v=lx2CZXEXXS4
東京20200618NHK.jpg
東京20200618.jpg
コロナ統計20200618.jpg

コロナ禍に伴う藤沢市内の文化芸術活動への支援は?

 国の第二次補正予算案では、フリーランスや団体の標準的な取組・事業に加え、教育用等の動画収録・配信による活動の発信などに対して、踏み込んだ助成支援をおこなっています。また国に先んじて、横浜市等でもすでに、「文化芸術活動応援プログラム」の第一期募集に続き、第二期募集を用意し、これらも国とほぼ同じ内容となっています。しかしながら、、、
 
 6/17の藤沢市補正予算常任委員会にて、「藤沢市でも横浜市のような文化芸術活動応援プログラム」を実施すべきではないかとの質問に対し、市文化芸術課の以下の答えがあった。
「アーティストの方々への直接的な支援の要望については、市や未来創造財団には今のところないようです。先般国の第二次補正予算の関係でアーティスト等文化芸術関係者等への支援の概要が文化庁のホームページに掲載されていますので、今後ご相談がありましたら、国または県の動向を等を説明させて頂いて対応していきたいと思っています。」
 -実に冷たい。これでは藤沢の2018から始動した文化芸術振興計画が泣く。文化芸術関係者がどんな現況なのかわかっているのかどうか? 市民会館キャンセル料を無料にするだけではすまない。
文化関係補正.jpg

追 二人の方から意見を聴きました。コロナ禍のもとで個展キャンセルがつづき収入が全くないというのは共通でした。一人は文化芸術というのではなく、フリーターでの持続化給付金を申請しようとしたが、「それは今のスキームでは未だないので、6月以後対応できるかも知れない」ということで、申請できなかったとのこと。多くのアーティストの方たちは、この持続化給付金制度を使って申請しようとしたのではないかと考えられます。なので、市の「アーティストの方々への直接的な支援の要望はなかった」というのは当たらない。そのことは、東京や横浜での文化芸術活動応援プログラムが公表されるやいなや、すぐに申し込みが殺到して締め切られたことからもわかるのではないか。

コロナ感染症の疫学㉟東京で47人の陽性者。

やはり大変な事態になってきました。ちょうど感染爆発が起きた3月下旬の様相です。世界で緊急事態解除がされているが、やはり多くの国でまた少しづつ増加です。専門家の意見をよく聴くべきです。とりわけ、PCR検査数を劇的に増やすことです。「受動的な検査から、積極的感染拡大防止戦略への転換」(18道県知事の緊急提言5月発表)こそが必要です。
  急いで追加です。テレビのニュースで、まさに「積極的疫学調査の結果」と報じていました。それなら増えるのは当然です。積極的疫学検査を要望している我々としては、陽性者数だけでなく、検査数に占める積極的検査数のデータ公開も求めたい。
世界の感染統計は4日前との比較です。ブラジル、インド、ロシアで増加。ブラジル・インドでの一日当たり感染者増は3~4%増。テレビではアフリカの多くの国がこれからピークを迎え、それに加えバッタによる作物被害が酷いとのことだ。
 3枚目はブラジル・アマゾンの先住民族がコロナ禍で「大虐殺」になりかねないとの警告。
 →感染症の歴史
Image20200614-0.jpg
コロナ統計20200613.jpg
20200614170737.jpg

藤沢、広場条例が委員会通過。

これまで市が直営で管理していたサンパール広場などを指定管理者に任せるもので、本当にその目的とするところの「市民等の憩い、賑わい、交流の場」とすることができるのかどうか、疑問が残されたままです。市民の自由な活動が制限されるのではないかとの答弁は、以下でした。
 「今まで道路として許可を要しなかった行為、または許可を受けて行った行為につきましては、原則ですね、広場条例制定後も可能と考えていますので、条例があることによって、市民の自由な活動を妨げることはないものと考えています。」
藤沢市広場条例_ページ_31.jpg
藤沢市広場条例_ページ_32.jpg
藤沢市広場条例_ページ_33.jpg
藤沢市広場条例_ページ_34.jpg
藤沢市広場条例_ページ_35.jpg