テーマ:福祉

いま保育園が本当に危ない。

昨日の出発式では保育園の話が中心になりました。 遠くから集まって頂いた方は年配の方が中心でした。「片瀬・鵠沼・辻堂」の歴史ある革新の火を継承して欲しいとの思いが強かったかと思います。草の根の日中友好、蓮池を守る運動、合唱団、平和文化展、9条を守る会、はまぼうふう再生の運動の方、幹線道路計画から環境を守る運動、なぎさを守る運動、、、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村岡新駅やめて、保育園ふやせ

 みなさん、こんにちは。4年前に市議会に送って頂いた市会議員の山内みきおです。今期再び2期目に挑戦致します。どうぞよろしくお願い致します。 ①今の国の政治はあまりにも酷い。私たちの今年度からの消費税増税と国保など保険料負担は、消費税で一人2万、国保で1万、介護保険料で7千円で、約4万円の負担となります。税金と保険料値上げをストップさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤沢市の待機児のこと

厚労省の保育園待機児の新聞発表があったので、藤沢市公表のものと比較してみた。 人口比だけですが、全国の人口は藤沢市のざっと300倍です。 どうみても全国平均の3倍も多い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「これではとても暮らせない」

生活保護費が2013年に続いてまた引下げという酷いニュースです。 2才以下の児童養育加算が1.5万円から0.5万円とはどういうことか。-もしかしたら保育園の2019/10からの無償化と関係あるのかどうか。そのためには同時期の消費税値上げとの関係。-いろいろ思いはめぐる。調べなければなりません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018.6/10号、6/1に生保改悪。

見過ごしていた新聞記事。今日は家の片づけと情報整理の日。少しだけ片付きました。それにしても、 酷いですね。最近薬剤師の方から「後発医薬品といっても信頼できるメーカーとそうでないメーカーもある」とのこと。これって薬効に違いがあるってことなのかどうか。これも調べてみなければなりません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日6/29、児童養護施設のお話を伺った。

私にも中学の時、確か仲良しの友達がいた。ここには児童虐待などでほごされた子ども小学生から高校生18才までが暮らしている。放課後帰ってくる頃から、たくさんのボランティアグループが関わっていると聞きました。今日の方は2か月に1回、数人で、10人位の小学生にお菓子作りなどの調理実習をしているという。最近になって特に衛生面での規制が強化されたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日5/25の藤沢演説会

市民会館小ホールが一杯でした。市田忠義副委員長のファンがまた増えた感じです。来年の参院選 -比例は共産党・神奈川選挙区はあさか由香- へ向けて、いい演説会になって良かったです。私は楽屋で聞いていたので、写真を撮って送って頂きました。ありがとうございます。私の喋りは突拍子もなく突然「私こそ自民党員、私こそ公明党員だ、私こそ愛国者でーす」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活保護制度改悪に対しての志位質問の説得力。

生存権すべての国民に保障を 貧困悪化 日本は異常な国に 衆院予算委 志位委員長の質問  安倍政権が狙う生活保護の基本となる生活扶助費の削減。日本共産党の志位和夫委員長は5日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相の貧困悪化に対する基本認識をただし、憲法25条で保障された生存権を脅かす生活扶助費削減の道理のなさを浮き彫りにしました。 相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志位委員長の「生活保障」国会質問動画です

予算委員会質問の動画です。今日の日本における貧困の問題と、生活保護削減について質しました。この問題を通して、安倍政権の政治姿勢、経済政策、日本社会の問題点の全体が浮き彫りになったように思います。ご覧いただけますと幸いです。https://t.co/pm7ItmSS2B— 志位和夫 (@shiikazuo) 2018年2月5日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルプマークのこと。

下欄に東京都の動画を貼付しました。以下は藤沢市のHPの記述です。藤沢市でも2017年3月22日から障がい福祉課で配布されています。やさしい街づくりのために、ぜひ普及したいですね。 「藤沢市では、2016年4月1日の障がい者差別解消法施行後、障がいが外見からわかりにくいため、配慮が受けられないといった声が寄せられたことから、「藤沢市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日7/31のツイート記事から。望月記者、穀田議員、保育士不足の話

望月記者、穀田議員の活動、すばらしい、鏡にしたいですね。 「全国革新懇ニュース」391号(7・8月合併号)で東京新聞・社会部記者の望月衣塑子さんインタビュー「なぜ私は菅官房長官への質問を続けるのか」 「国民の『知る権利』のいわば代弁者として会見に臨むことができる記者が質問しなくて何が記者だ、と」 pic.twitter.com/jRn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症の介護はこれでいいのか。

6/4、第3回目という介護保険市民シンポに参加しました。市内の施設の方10名、市福祉課の方3名を交えて、73名の参加でした。  基調報告は国の介護保険の動向。市の立場からの10月からの制度と今後のビジョンのお話、介護従事者の率直な意見が3人、利用者の立場から2人の発言で、2時間余にわたって貴重な意見・質疑が交わされました。利用者の発言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅宣と生活相談と。

4月からほぼ連日の駅宣です。いろいろあります。やはり外で話していると、生活相談が入ります。約束して援護課へ相談に行くと、「低額宿泊所」の方はすでに退去とされ、生保はもう出ないと断言された。援護課の方は彼のことを良く知っている感じでした。  聞くともう14年もこういう生活の繰り返しとのこと。ダンプの大型免許も持っているのに仕事もないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人クラブで「若い人に目を向けたい」、「地域に目を向けたい」との関心が高まっています。

たった今、今年度の市老人クラブの新会長研修会が終わりました。46名の参加で、8グループに分かれて、これからの老人クラブのなかま増やしについて、また地域連携などについて活発に意見交換されました。日ごろから地域で、ところによっては町内会長もかねて活動されている方もあり、それぞれ楽しくまた趣味の活動など自主的運営されているところで、仲間も増え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地域の縁側」の展望はいかに?

11/22 藤沢型地域包括ケアシステムのシンポが湘南台で行われた。二時間15分の録音を聞かせて貰いました。市の福祉総務課の報告、長年障がい者運動運動に携わってきた方、食を通しての高齢者の集まり場所づくり、社協の方などから、テーマにそった活動報告と強調する点など、ホットな話題のシンポの様子が伝わってきます。その中での感想。 1.誰か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私と老人福祉

共産党の住民アンケートの要求の上位が、医療と介護・老人福祉に関する問題です。老人福祉については、大学を卒業して一番最初に就職した病院が足立区の柳原病院だったこともあって、これまでの公害事件とその健康被害というテーマから、老人福祉問題に関わることになりました。当時「ねたきり老人」問題が新聞社会面でさわがれていた時期でした。  東京東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more