テーマ:防災

7月3日 21時13分から土砂災害注意法が出ています。

夕方まで雨が続きます。時間雨量予測が40mm近くになるようでしたら、過去の浸水地域では車の移動対策も要検討です。 「横浜地方気象台発表 神奈川県気象警報・注意報」 (神奈川県では、土砂災害や強風、高波、落雷、濃霧による視程障害に注意してください。) 藤沢市 [特別警報]なし     [警報]なし     [注意報]大雨,雷,強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日5/30は市の水防訓練実施視察でした。

300人近くの職員・消防団・関係者のみなさん、おつかれさまでした。  写真は①建物とマンホール周囲の土のう積みで建物では12袋×5段、マンホールでは20袋×5段、②は河川氾濫防止訓練で、こちらは25tクレーン車にて1t土のうを道路維持課のトラックから模擬堰堤まで6袋設置する訓練。-実際には、相当の雨と冠水の中で、これだけと人と車、重機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の辻堂引地川と天気に注意

今朝の引地川です。日の出橋の雨水吐口では雨水・下水が勢いよく川に流されていました。 ①藤沢防災インフォメーションと②藤沢市防災気象情報及び③④⑤です。参考まで。 ⑤の降水量によると、7時台には18.5mmでしたが、⑥やスマホ版ヤフー雨雲レーダーによると、これから昼過ぎまで30-40mmの図になっています。これから夕までか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村岡新駅より津波洪水対策をのビデオです。

①保育園ふやせ ②国保料引下げよ ③自校方式での中学校給食を  そして今日は、これです。本当に大企業本位の開発にお金を使うのではなく、99%の人のくらしとふくしを守ることに使ってほしい我々の税金です。 https://www.youtube.com/watch?v=utoOCluObw0&feature=youtu.be
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辻堂東海岸4丁目の地域版チラシです。

東海岸4丁目には、特に思いがあります。それは4年前の初めての議会質問のために、2か月位かけてこの地域のつなみ避難タワーをたてて欲しいと言う要望について周辺住民のアンケートをとって回って要望をきいたことです。この地域は元々は県職員住宅が4棟ありました。その一番西側部分だけでも避難場所として残して避難タワーを建ててほしいという住民の要望に応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニエアル記念広場の前の歩道橋が半分だけ補修されていました

「ニエアル記念広場前の歩道橋の傷みを修繕して欲しい」について 上記の2018/8月の追加記事です。 2019.1/3朝日の出の頃、ニエアル記念広場の前の歩道橋のことが気になり、見にいきました。昨年の夏に傷んでいるのに気がつき、人権男女平和課から補修を依頼していたものです。ニエアル公園側の酷い傷みの部分(⑤枚目)は、④のように補修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身近な地域での要望実現のニュースをもって対話しています。

来年の選挙に向けての身近な地域での要望実現のニュースをもって対話しています。生活道路の改修や津波避難路面表示板の改修など、地域のみなさんの要望実現はいろいろありますので、しばらくこのテーマで地域ニュースを作ってゆきたいと思います。引き続きみなさまのご要望をお寄せください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引地川の想定最大規模の降雨による洪水浸水想定図が公表。

2018.12/21神奈川県が、引地川等の想定最大規模の降雨による洪水浸水想定区域の見直し図と、もう一つは時間降雨量50ミリの雨量を上回る確率が年間2%を超える「計画規模による浸水予想図」の二つを公表しました。両者の差は、右の境川ではかなり違いますが、引地川ではあまり変わりません。  引地川にしても境川にしても、50年に1回程度は3m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜小路公園の「耐震性防火水槽」の設置が中止

鵠沼藤が谷・はす池の隣の桜小路公園内に予定されていた「耐震性防火水槽」の設置が中止になったとのこと。今年度予算書にあった標記の水槽40m3の工事の進捗を確認するべく、見にいった所、何の形跡もないので消防警防課に質したところ、「地盤の調査をしたところ、隣のはす池及び住宅地への影響に課題があり、中止が決定した」とのこと。1600万円の予算の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた、津波路面表示板の損傷

またまた、貧乏性なんでしょうか? 1枚8万円もするという津波路面表示板の損傷をだまっているわけにはいかず、危機管理室に報告用の写真です。黙っていたら、一年経つと保証期間がきれるというものです。蓄光型で高価なものなので、車が上を通ったり、小石や砂粒、また泥やごみにも弱い、表面が剥がれたり、ゴムが剥がれたりするなど課題が多いので、現在貼る場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風24号による藤沢市公共施設の被害の続報です。

 江の島島内の下水道ポンプも10/1の20時53分復電したとのことです。なお、倒木については、公共施設内だけで58件、道路上への倒木7件ということですが、後者は辻堂の海岸線で気付いて市に報告しただけでも3本ですから、情報提供されない倒木もまだあるかと思います。  被害情報はできるだけ早くないと2次被害につながるだけに、情報提供が重複も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風24号の被害状況、藤沢市災害対策本部10/1、朝7時の第1報です

9/29から10/1までの台風被害の概要が藤沢市の災害対策本部より報告されました。 ①人的被害はなし ②建物一部損壊1 ③冠水1 倒木18 ⑤停電13300 ⑥他 藤沢駅南口デッキの外装パネル損傷と、市民病院バス停屋根損傷 ⑦避難状況 ・避難所14施設 ・避難者66人 -対策本部は9/27より会議がもたれ、各種の準備に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風24号による辻堂海岸の被害

10/1、朝7時に避難準備情報は解除になりました。  辻堂西海岸から東海岸、太平台の1部をざっとみてきました。特に、西海岸から東海岸の防砂林の高く伸びすぎた松の葉と倒木が酷かった。他にも、1m幅でしたがレンガ塀の倒壊、ガレージの屋根の倒壊、ケーブルの垂れ下がり、工事現場用の簡易トイレが倒れているなどでした。ケーブルは危険なので次に写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤沢市避難準備・高齢者等避難開始の発令が15時にされました。

①藤沢防災インフォメーションと②藤沢市防災気象情報です  藤沢防災インフォメーションによる避難準備・高齢者等避難開始の発令が15時にされ継続中です。  藤沢市で14カ所の水害避難所が開設されています。  最近の経験で言うと、太平台では、2014/10の台風では時間雨量43mmで40cmの冠水でした。前後の総雨量と引地川の水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「辻堂南部放流管の新設工事が秋にも始まります」の過去記事訂正です。

「辻堂南部放流管の新設工事が秋にも始まります」について 以上8/16のブログとFBの記事も引用しました。 10/9から辻堂団地と辻堂浄化センター前の道路が片側通行止めになります。  「この下水道工事は放流菅新設工事とは異なる」とのことです。  10/1本日、詳しく聞いてきます。  放流菅工事はいずれにせよ、今年度内には着工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村岡新駅開発について

先日、「こんにちは山内みきおです」30号の市議会報告での村岡新駅開発について、以下のコメントが寄せられ、拡散希望とありますので、添付します。コメントありがとうございました。先ずは調べさせて下さい。 【再拡散希望】広報かまくら記事掲載問題や市役所移転問題よりも優先すべき課題を共有してください。 首長提出予定「わたしの提案」原稿…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プレートテクトニクスと地震爆発論

 北海道地震原因についてのニュースをみて、プレートテクトニクスでもない、また従来の断層型でもないとの報道に疑問を持って、ちょっとネット検索すると、標記の地震爆発論学会というのも最近立ち上がっているのを知り、びっくり仰天している私です。怪訝なあなたも、ちょっとだけでも読んでみて下さい。こんなに重要な学説をテレビで報道しているのも私はみたこ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

関西空港のもろさ。日経新聞がわかりやすい。

1期島は1994年開港してからこれまで3.4m沈み、護岸は海抜5mの高さまでかさ上げしたとのこと。しかし今でも毎年6cm沈み込んでおり、対策がとれない事態になっている。この欠陥空港を推進した当の松井一郎知事は、被災地を放置して、橋本が潰そうとした伊丹空港から沖縄にいったことが、ツイッターで暴露されている。→#維新のせいで
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の開発に反省のない政権は変えるしかない

今日8/19しんぶん赤旗15面社会面。その場その場の開発の際たる橋りょう工事。読めば読むほど怖くなる。全国で73万の橋りょうの9割が自治体管理だということ。建設年度不明も23万橋。建設年度がわかるもののうち、造られてから50年たつ橋りょうが23%だという。今後の維持管理費がいったいいくらかかるのか。  その下の記事も見過ごせなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辻堂南部放流管の新設工事が秋にも始まります

その海岸を見に行ってきました。③枚目の図の海岸エリアはS19という所です。その東側に新たな放流管をつけることになります。①と②がその海岸です。この場所は、昨年の台風の高潮にも関わらず、いまでも①のように浜防風や弘法麦、浜にがな等の浜草がたくさん生えている所です。正確には辻堂団地の方が何年もかかって浜草を移植してきた所です。県土木の通知に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下土棚遊水地-8/21暫定供用開始-を見て来ました。

県管理の引地川の遊水地が近く半分だけ供用開始となるという良いニュースです。湘南台高校の北側から老人福祉センターこぶし荘までの約14ha・46万トンの貯水量のある遊水地の半分が8/21から供用開始とのことです。この貯水量は下流の大庭遊水地26.5万トンの約倍になり、南部の住民にとっても朗報です。  他に比較する数字とすれば、大きな道路の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震研究の進歩

 昨日8/14には、地震専門家の方からお話を伺う機会を得ました。お話はいろいろ広範な話で示唆に富む内容でした。ありがとうございました。 ①日本における水害、田畑を灌漑するために川の位置を高い所に設けている所がある。これが危険。 ②砂防学会と火山学会の違い、ややもすると砂防の専門家はゼネコン丸がかえでダムを作っている。 ③湘南の砂丘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河川の草木が繁茂して大雨の時危険ではないか

もう一つ、県への要望がありました。2年前にも要望して、繁茂していた木を伐採、草を抜いて貰った所-戸塚茅ヶ崎線・藤沢警察署近くの富士見橋からみた長久保公園前の引地川です。あひる天国のための土が、どんどん拡がって危険なため、撤去と浚渫の要望も出ています。この時の県の対応は「川の流れで土は流される」と言っていたそうです。引地川全体の草木の繁茂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニエアル記念広場前の歩道橋の傷みを修繕して欲しい

先月の7/17のニエアル記念碑保存会の式典があったばかりの記念広場前の歩道橋が、今日朝登ってみるとこんな状態でした。鵠沼海岸駅から来る参拝客は、この記念広場まで最短距離を通るとここ鵠沼橋東側にかかる横断歩道橋を通ることになります。これは、日中友好と観光振興を謳っている市や県としてどうなのか? 早く安全に、きれいにして貰いたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵠沼海岸の路面表示板補修要望とその後

忘れもしない今年3月予算議会での危機管理対策事業費の質問の直前に現場を見た時の写真です。「一つ数万円もする高価なものなので見直すべき」と質問しましたが、対案がなく、損傷があったら1年以内の保証期間内に気付いて交換して貰うしかありません。表面の皮むけが起こりやすく、これは技術向上で克服して欲しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3/25の防災危機管理室への補修要望のその後

またまた津波避難路面表示板のその後の報告です。 近くの写真のみ、添付します。片瀬の2枚についてもフォローしなければなりません。 辻堂東海岸4丁目の路面表示板は泥で真っ黒でした。ここまでみえにくくなっているのは私も初めてで、びっくりでした。今は、道路の反対側の端に貼られています。ここは避難路としては大事な分岐点です。湘洋中学の方から来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

201806つなみ避難路面表示板の補修要望のその後です

「つなみ避難路面表示板の損傷に気付いたら?」について  標記の八部公園入口のつなみ避難路面表示板は、それからすぐに対応されて、取り換えられています。辻堂海浜公園の表面の皮むけはわずかだったので、補修されていましたが、こちらは全取り換え-ハイ数万円-ということになります。ここは特に車も通らない歩道の真ん中。八部公園利用の際には、ぜひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤沢市災害対策本部事務局より、

28日の台風災害報告「平成30年度台風第12号に対する本市の対応について」が出されました。まとめると、幸いにも、人的・建物・道路冠水の被害はなかったとのことです。開設水害避難所数74施設、実際に避難有りの施設は32施設、避難者数の合計110人でした。  職員の方も、多数がそれぞれの持ち場で対応され、本当にごくろうさまでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more