こんにちわ山内みきおです

アクセスカウンタ

zoom RSS 国会会期延長情報

<<   作成日時 : 2018/06/03 09:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6/20までの国会も終盤です。残業代ゼロ、TPP11、カジノ、最終盤にまたも強行採決するのか。以下のネット情報が目に入りました。今国会で憲法改悪発議がされるのか、最大の関心です。どうなのでしょうか。6/10には最大規模の国会行動があります。とにかく、一日一日の行動と発信が大切ですね。頑張りましょう。
 昨日の地域9条の会で、アベ政権のもとでの改憲には国民の多数が反対だが、9条2項はそのままにして自衛隊を明記するという改憲案には賛成の方が反対より強いという世論調査の結果に危機感を覚えました。人気とりのためならなんでもやるウソの固まりのようなアベ政治なので、私たちも創意工夫して、対抗宣伝しなければなりません。毎日持ち歩くカバンにメッセージカードを、自動車・バイクにアベNOを貼ってアピールしましょう。

 「政府・与党は、今国会の会期を10日間ないし20日間ていど、延長する方針を固めたようです。
 第196回通常国会は、「働き方改革関連法案」(196閣法63号)がきょう衆議院を通過し、山を越えます。
 しかし、「IRカジノ施設法案」(196閣法64号)は、衆議院内閣委員会で1時間しか質疑しておらず、衆議院通過は来週とみられ、6月20日(水)までの成立は見通せません。
 また、今国会での憲法改正の発議が、「もりかけ」の余波で遠のいたことから、参議院自民党内で「改憲4項目」の一つ「参議院の合区の解消」を、公職選挙法改正案(未提出)で実現しようという機運が高まっています。実際には、埼玉県選挙区の改選定数を3→4に増やし、比例代表の改選定数を48→50に戻す改正が想定されているようです。
 仮に会期が延長されるならば、例えば、7月7日(土)までの17日間延長などが想定されますが、延長幅の決定は6月18日ごろのぎりぎりのタイミングになるでしょう。
 政府与党は、現時点で審議入りしていない「水道法改正案」(196閣法48号)、「健康増進法改正案」(196閣法47号)、「国家戦略特区法改正案」(196閣法57号)、「農薬取締法改正案」(196閣法49号)など、衆参の、厚生労働・内閣・法務・農林水産・経済産業・国土交通の各委員会での審議を延長戦にもちこみ、内閣提出法案の成立率8割超をめざすことになるかもしれません。」
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国会会期延長情報 こんにちわ山内みきおです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる