今日は、江の島・八坂神社例祭でした。

画像

たまたま、片瀬龍口寺に浜草のはまぼうふうの苗を植えに行ったところ、八坂神社のお神輿などが通り、大変な賑わいでした。歌い手、合いの手、笛と太鼓など、この片瀬には昔からの歴史が根付いています。
 昔、私が本町に住んでいた頃、近くの民族学の専門家から、江の島縁起の話を解説して貰ったことがあります。もうおぼろげな知識で間違っているかもしれませんが、この「龍というのは先住民族のことで、弁才天というのがあとから来た民族で、これは民族の争いのことだ」ということを力説されていました。しかし、ネットでの下記の説を読むと、どうもこれは怪しいですね。どなたか詳しいことをご存知の方は教えて頂ければ幸いです。

『江島縁起』は平安時代に創られたとされています。
まずはそのあらすじをご紹介しましょう。
昔、鎌倉の深沢には周囲40里もある湖があり、そこには五頭龍が住んでいました。その龍の行った悪行はと言えば、山を崩す、洪水を起こす、疫病をはやらす…そして生贄として子供まで食べていたのです。
欽明13年4月12日(552年)、黒雲が天を覆い、大地震が起きて高波が村を襲いました。大地は10日間揺れ、揺れが収まると今度は海底が大爆発を起こし、岩を吹き飛ばすとそこには小さな島が…。(これが江ノ島です。)
すると雲から美しい天女が現れました。五頭龍はこの様子を見守っていましたが天女にひとめ惚れをして、結婚を申し込みます。しかし天女は悪行を理由に拒否。
諦めきれない五頭龍は行いを改めることを約束し、天女も結婚を受け入れました。その後五頭龍は日照りに雨を降らせ、台風を防ぎ、津波を押し返すなど、約束通り村を守ります。しかしその度に弱って行き、最期を悟った五頭龍は山となり村を守るようになりました。(片瀬山)
天女は江の島の弁財天として、五頭龍は江の島の向かいにある「龍口明神」に祀られています。
『江島縁起』にある五頭龍もそうですが、日本の神話や伝説の類では悪龍がしばしば登場します。そこで気になるのが元々日本にいた民族は「出雲族」で、大和朝廷に討伐されたという説。(神話の悪龍=出雲族)
そしてその出雲族が信仰していたのがアラハバキという女神。アラハバキは鉄の神で、鉄の採れるところに祀られていたとか…。しかし出雲族が討伐された後に、大和朝廷の神に書き替えられた可能性があるのです。
仏教伝来が『日本書紀』では欽明13年・552年とされ、この『江島縁起』で天女が現れたのは同じ年。しかし、弁財天が伝わったのは奈良時代710~…。
付近で砂鉄が採れていたことからも、最初に祀られていた神はアラハバキであったのかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック