医療的ケアの相談を受けています。

藤沢市では現在普通学級で4時間までは看護師の対応ができる。しかしそれ以上はできない。
県会でも先日全会一致で国への予算措置を求める意見書が採択されたが、各市での対応はさまざま。親の付き添いが求められているという。しかし、これは障害者差別解消法の精神からみても、また男女共同参画社会や「一億総活躍社会」の文言からみても、正当性がない。藤沢でも、何より優先的に①予算措置をすべき。②また医療的ケアは正規の看護師資格者が行うべきもので、研修を受けた教員に任せるべきではない。③現状の対象者は何人いて、ケアの状況・看護師数はどうか。④看護師採用の上での課題は何か。⑤これまでの学校での事故例。⑥特別支援学校と普通学級とのケアの違いに差はあるのか。いくつか聞かなくては。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック