こんにちわ山内みきおです

アクセスカウンタ

zoom RSS 片瀬駅前ひろば第5回目の住民説明会。「立ち止まって考える」

<<   作成日時 : 2018/12/02 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

20181201夜6-8時、片瀬市民センターで、片瀬駅前広場の説明会が開かれ、約80名位の方が参加されていました。市側も約10名。前回は参加20名弱だったので大変な関心が高まっていると感じました。今回は先月11月に地元住民から880名の市長宛の反対陳情があり、その回答も出たとのことで、運動の盛り上がりを感じます。質問発言も次々と延べ約25名の方から出され、どの意見も良く調べられ、或いはこの駅前広場の道路を利用している現場の声でした。市の建築部長も冒頭「立ち止まって考える」「どんな方法が良いかみなさんの意見を聞きたい」と述べての質疑応答でした。以下メモを箇条書きに残しました。
@「今まで通り交通は止めない」という方向で検討するべき。
A道路構造令に従わなくても45条で道路管理者である市長の判断でできるし、岡山市などでもやっている。
Bもし交通を止めたら、北側のV字カーブは曲がりきれないし、朝や夕の通勤通学時間は、とても危なすぎる。小田急の電車は8本から6本に減って、人の流れが集中するようになったことを知っているか。
C片瀬山方面から山本橋を通り、送迎の車がここを利用している。広場が通れなくなったらどうなるか。片瀬山の利用者の意見もきくべきだ。
D5年間で500億円を超える財政難の中で、税金を使うわけだ。総額を示すべきだ。−これは工事費2〜3億を含めて、総額約16億円と、答えた。
E1枚目の写真の今第1自転車駐車場の三角の土地は以前は都市計画決定がされていない図面だったのに、今回は決定されている図面になっているのはおかしいとの質問があり、市からは「図面がまちがっておりすでに1957年に計画決定されていたものだった」との答えには激しいヤジが飛んだ。
F最後に建築部長から「(交通を止めないを基本にすれば)特殊な道路になると思うが、、、」との発言もあった。次回は3町内会と話し合って決めたいとのことであった。
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
片瀬駅前ひろば第5回目の住民説明会。「立ち止まって考える」 こんにちわ山内みきおです/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる