藤沢エコネットニュース300号記念によせて

「70年代の藤沢の公害反対運動-エコネット運動前夜の頃」

 私と藤沢の環境運動との出会いは、大学で保健学・疫学を専攻した70年代の藤沢橋の道路公害・鉛汚染に関わった頃にさかのぼります。また引地川のダイオキシン汚染が問題になった頃、ダイオキシンの健康被害についての文献調査を依頼されて報告したこともあります。エコネットの創始者の故井之川平等さんや宮地あつ子さんも大変熱心でした。NOxのポリカプセルによる大気汚染測定運動をずっと続けておられる片瀬の近藤先生とも川崎の公害なくす会のメンバーで、法政二校でみんなで公害副読本づくりなどで一緒でした。藤沢はその頃から食品公害や石けん運動、流域下水道問題などの消費者運動・大気水質汚染問題など幅広い運動で燃えていた70年代であり、その後の広い視野でのエコネット運動誕生の前夜でもありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック