災害シーズンのコロナ禍にどう向き合うか? 児玉龍彦×稲葉基高(災害緊急支援プロジェクトARROWSリーダー・医師)(2020年7月21日)

Image1.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=RRFEx-d2ASY&list=LLhoDkMojPBEOwV-yqPhpgIg&index=3&t=0s&fbclid=IwAR0DChDmR_RgbvUos77cJrjfYwkC8KT1qrZz0JxhnIq1Fzqy6ryWWxI6eMw
児玉龍彦先生(東京大学先端科学技術研究センター名誉教授)と、緊急災害支援プロジェクトARROWSリーダー・医師の稲葉基高が「災害×コロナ」をテーマにオンライン対談を行いました。
現状認識や打ち手について、児玉先生が改めて平易な言葉で解説する内容です。
連日多くの感染者が確認される今、ぜひ最後までご覧ください。
本プロジェクトでは、新型コロナウイルス精密抗体検査大規模実施のための募金を開設しています。
【Yahoo!ネット募金「新型コロナ抗体大量測定で安心な社会を」】
https://donation.yahoo.co.jp/detail/9...
ぜひ、拡散や寄付でご支援をお願いいたします!
児玉龍彦(東京大学先端科学技術研究センター名誉教授)
稲葉基高(認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン/緊急災害支援プロジェクト「ARROWS(空飛ぶ捜索医療団)」リーダー・医師)
00:36 Q. 感染者数が再度増加している現状について
02:07 Q. ウイルスが再増加しているのは変異したためなのか?
03:57 Q. 今後の対策は?
05:33 Q. 医療機関が患者で溢れる事態は想定されるのか?
09:04 Q. いつ・どの検査が適切か?
10:36 Q. 早急に感染の有無を知りたい場合に適した検査は?
11:05 Q. 被災地でのコロナウイルス感染対策について
11:43 Q. PCR検査で感染力がない人を拾ってしまう可能性は?
12:40 Q. 令和2年7月豪雨被災地での支援活動の様子は?
14:50 Q. 検査拡充を可能とする体制について
17:54 Q. 医療従事者の日常生活について
18:43 Q. 感染集積地を抑える方法は?
19:53 Q. 検査への外部人材の活用について
21:00 Q. 今後の動向について
25:05 児玉先生からのメッセージ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント