コロナ感染症の疫学96 世界平均の一日当たり感染増は約0.5%。これより高いのはフランス0.9%、インド0.8、ブラジル0.6%、日本・イタリア0.5%。日本の新感染者はひと月で3倍だ。大阪では千人を超えた。変異株の怖さ。広島県の全県民対象のPCR検査制度は全国自治体のかがみだ-しんぶん赤旗日曜版4/11。

MEDLEYコロナ統計20210413グラフ.jpg
藤沢神奈川東京全国新感染者数20200214-20210414.jpg
コロナ統計20210413.jpg
藤沢市の状況20210414.jpg
神奈川県モニタリング指標20210414.jpg
20210411しんぶん赤旗日曜版.jpg

「STOP! デジタル監視法案」オンライン市民集会 を拡散します。

 3月17日当日配信のYouTubeのURL→ https://youtu.be/x9WPig1smnk
 3月12日に衆議院で審議入りしたデジタル庁関連6法案は、市民のセンシティブな個人情報を各省庁、地方自治体からあまねく吸い上げて、マイナンバーと紐づけて、デジタル庁が一元管理することを基軸とし、政府・民間企業による個人情報の「利活用」を図るもので、市民のプライバシー権に対して重大な脅威をもたらすと同時に、国家による市民の監視体制の強化が図られるなど、民主主義の根幹にかかかわる問題が含まれた「デジタル監視法案」と呼ぶべき法案です。今、この問題に向き合い、法案の修正を求める運動を広めるため、是非、ご覧ください!
00:00:00​ 司会:大江京子弁護士 第一部
00:01:09​ 基調講演1-青木理(ジャーナリスト)
00:22:51​ 青木理、海渡雄一弁護士による対談 連帯挨拶
00:54:32​ 近藤昭一参議院議員(立憲民主党)
00:58:47​ 福島みずほ参議院議員(社民党党首)
01:03:02​ 塩川鉄也衆議院議員(共産党)
01:06:51​ 藤本泰成(総がかり行動実行委員会共同代表)
01:10:48​ 吉中丈志(医公益社団京都保健会理事長 京都大学医学部臨床教授 循環器病学)
01:14:56​ 池本誠司弁護士(元消費者庁参与)      
第二部
01:20:50​ 基調講演2-三宅弘弁護士(元総務省行政機関等個人情報保護法制研究会委員)01:43:08​ 基調講演3-白藤博行(専修大学法学部教授 行政法学)
02:10:31​ 基調講演4-海渡雄一弁護士(デジタル監視法案に反対する法律家ネットワーク共同代表)
02:22:14​ 閉会挨拶-三宅弘弁護士 主催:デジタル監視法案に反対する法律家ネットワーク
20210420国会行動.jpg