テーマ:農業

世界の遺伝子組み換え大企業に日本・世界の農業を食い物にさせてはならない

種苗法改定法案が3/3に閣議決定・国会上程。。  今は消去されているが下記のブログが次のyahooの記事を元に残されている。 種苗業界の世界ランキング:世界1位モンサントが買収、バイオメジャーの時代が到来へ 2019.7/2(火) 6:40配信 ビジネス+IT https://headlines.yahoo.co.jp/art…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤沢発。種苗法改定に関する請願が提出されました

2/18、「種苗法改定に関する請願」が藤沢市議会に提出され、私ども共産党議員団では、私・山内と柳沢団長の2名が紹介議員となることを決めました。下記動画にありますが、日本全体、いや世界の社会・自然を壊すような制度がつくられようとしています。こんなことは本当に慎重に時間をかけて審議してほしい。 →https://www.youtube.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輸入小麦パンからグリホサートが検出された話

今日もまた偶然に農民連のニュースをみる機会がありました。1面が輸入小麦パンからグリホサートが検出された話。これはHPでも掲載されています。いやあ、2018年の家計調査によれば、主食にとるパンや麺など小麦への支出は月にコメが693円に対して、その数倍とのことです。 →http://www.nouminren.ne.jp/newspape…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 農業関連産業・アグロビジネス

ネットからの引用です。 2016年までアグロビジネスと称する市場は大手6社によって市場が占められていた。この後バイエルとモンサントの合併、ダウ・ケミカル(DOW)とデュポン(DU PONT)の合併、ビーエー・エスエフ(BASF)、シンジェンタ(SYNGENTA)とChemChinaの合併があり4社となる。  この4社で、農芸化学市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーの有機野菜・非GMO作物のコーナー。

 これは普通の野菜の値段の倍以上する感がある。でも体・命あっての物種。せめて病気の時ぐらいは安全なものを食べたい。今日はいろいろ買ってみました。  先の投稿の資料にある国別の農薬使用量も怖い②。画像③は米国の年次別甲状腺ガン発症率。④は米国の糖尿病有病率と遺伝子操作のトウモロコシ・大豆の割合の相関。いずれも1997年頃からこの20年間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 GMO(遺伝子組換え作物)の健康被害のこと

前にも長引いた喘息が今回もなかなか治らないので、GMO(遺伝子組換え作物)の健康被害のことを調べていると、そのまさに今日の新聞折り込みに農薬も化学肥料も使わないお茶の広告が入っていた。Non-GMO食品の市場は世界ではここ数年5倍位の成長だそうですが逆に日本では縮小しているとのこと。これまでのネット資料による健康被害の例として次の2つが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子組み換え作物のこと

怖いですね。私が学生の頃の70年代だったら考えられないような、なんでもありの食品汚染状況。あの頃に比べると食品添加物などの消費者運動も弱くなったのか? それとも報道がされなくなったのか? おそらく後者だと信ずる。こうして発信する方に敬意を表します。原発もそうだが、恐ろしく巨大な力が消費者運動が拡がることを抑えているのだろう。私の師から昔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党共闘の成果と、その裏での巻き返し

来年4月からの消費税増税はしないとのこと、これも野党共闘の成果ですね。だいぶ追い詰めてきた感じです。しかしその裏では国家戦略特区改訂案件がぞくぞくです。注目したのは農地法の「岩盤」壊す目的の企業の農地取得を認める特例案。自由化と規制緩和の名で今までどれだけ多くのひとが犠牲になってきたか。個人尊重しない政治の行きつく先は金の力と軍の力だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more